企業や個人が実践すべきSNSマーケティングは口コミの自然発生!

SNSmarketingマーケティング

SNSマーケティングで悩んでない?

  • SNSで有名になりたい
  • どうやったらバズるコンテンツが作れるか
  • フォロワーが増えない

今回は、飯高悠太さんの著書「僕らはSNSでモノを買う」(発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン)で解決していきます!

こんな人におすすめ!
  • 個人でモノやサービスを販売している
  • 企業でSNSマーケティングを担当している
  • SNSが伸びなくて悩んでいる

3分程度でサクッと読めるので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

口コミを増やすバズらせない戦略

コンテンツの発信者である多くの企業や個人は、SNSを活用したマーケティングに悩んでいます。

近年は、個人が誰でもメディアとなってコンテンツを発信できる時代だからこそ、SNSマーケティングの本質を理解しなければなりません。

ユーザーがどの様に情報収集するのか行動をよく理解した上で、届けたい情報を確実に届ける方法を学ばなければなりません。

口コミが超重要

SNSマーケティングで重要となるのは、UGC(ユーザーが作ったコンテンツであり口コミなど)であり、ユーザーが自然に発信するUGCこそSNSマーケティングに必要不可欠なのです。

例えば、カフェやレストランへ行きたいときに、まず一番初めに起動するアプリはグーグルマップであり、多くの人が投稿するレビューを参考にします。

この様に、何か商品を購入したり行動を起こす場合には、指名検索からのUGCの重要な役割を果たします。

実際に、最近では指名検索が増えていて、例えば美容室に行きたい場合、「群馬県  美容室」などで検索するよりも、「○○美容室」と指名検索する方が増加傾向です。

SNS時代は全員がコンテンツの発信者であるという意識を持ち、UGCを自然に発生させる仕組みをどうやって作るかがキーポイントとなります。

バズらせない戦略

UGCを積み上げてアテンション(認知)を増やしていくサイクルを作ることが大切であり、決してバズらせようとしてはいけません。

なぜなら、瞬間的なバズリには問題がありお金もかかるだけでなく、一時的なバズリは購入などユーザーの行動に繋がりにくいからです。

そのため、口コミを自然発生させる仕組みを作り、UGCを積み重ねることにより、より多くの人に認知されなければならないのです。

例えば、一発屋芸人でテレビで活躍し続けている芸人は何名いらっしゃいますか?恐らく多くの方々が瞬間的なバズリにより、ユーザー離れが起きてしまっています。

今もテレビで活躍している一発屋芸人との違いは、瞬間的なバズりでなく、UGCを長年積み上げてきた成果であり、認知を増やすことで行動を起こしてくれるファンが増えています。

考察&感想

本書の目的は、SNSユーザーを分析して、どの様な情報発信をすべきなのかを考えることであり、届けたい情報を確実に届けるにはUGCが重要だということです。

実際に読んだ結果、企業や個人がモノやサービスを売るためには、UGCを自然発生させてバズらせずに認知を増やしていくことが重要だという事が分かりました。

魅力のあるコンテンツとは?

本書では、UGCと相性が良いツイッターのメリットとして、フォロワーが少なくてもコンテンツが良ければ拡散されるためUGCを発生させることができると説明されていました。

良いコンテンツ、いわば魅力のあるコンテンツとは一体何なのでしょうか?

2021年、きのこの山とたけのこの里は、ツイッターアカウントをフォローしリツイートした人を対象に「愛のおかえしという名目で47都道府県の名産品の中から好きなものを抽選でプレゼント」という企画を行いました。

「愛のおかえし」というワードがユーザーの興味や好奇心にささり、リツイートが条件など実際にUGCを自然発生させる仕組みを作っています。

この様に、ユーザーに役立つ情報であったり、ユーザーが参加できるコンテンツが重要であり、ユーザーがレビューしたくなるコンテンツを発信することが必要です。

今後の課題として、ユーザー全員がコンテンツを発信する時代だからこそ、ユーザーがコンテンツを作りやすい素材となるようなコンテンツをどうやって発信していくか考えることが大切です。

全員がコンテンツ発信者の時代

本書では、企業や個人がSNS時代にどうやってモノやサービスが売れるのか、ファンを増やす方法が学べます。

印象に残った点として、発信する側は、一方的なコンテンツの発信をただ闇雲にしてはいけないということです。

全員がコンテンツを発信する時代だからこそ、ユーザーが口コミを書きたくなるようなコンテンツを発信し、口コミのサイクルを生み出すことが重要になります。

つまり、ユーザーがコンテンツを作りやすい、コンテンツの素材となるようなコンテンツ作りを意識しなければなりません。

SNSで活動しているクリエイターや、企業でSNSマーケティングを担当している社会人など、SNSに伸び悩んでいる方々に大変おすすめの書籍です!

まとめ

今回ご紹介した書籍
SNSマーケティングを習得!

全員がコンテンツを発信するSNS時代には、ユーザーが口コミを投稿したくなるようなコンテンツ作りを意識しなければなりません。

  • 指名検索を意識してUGCを自然発生させる
  • UGCを積み上げて認知を高めていく

上記2点がポイントとなり、UGCと呼ばれるユーザーが作ったコンテンツを積み上げていき、指名検索された際の信頼感や安心感に繋がります。

SNSマーケティングに悩む方々は、ぜひ本書を手にとって見てみてください!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました