【メルカリ】基本テクニックで売買すれば「お金持ち」になれる訳

resale-valueファイナンス

貯金が貯まらなくて悩んでない?

  • 支出が多くてお金が貯まらない
  • 残業代が無いと生活できない
  • 仕事に追われて気力がない

今回は、ぶんねこさんの著書「凡人ミニマリストによる20代で1000万貯めたぶんねこ流お金の増やし方」(Kindle出版)で解決していきます!

こんな人におすすめ
  • 支出が多くて貯金するお金が無い
  • 残業代がないと生活できなくて悩んでいる
  • 毎日の仕事に追われて節約する気力が無い

3分程度でサクッと読めるので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

メルカリでモノの価値を身につける

支出を減らして節約するためには、リセールバリュー(買った商品がいくらで売れるのか?)という感覚を身につける必要があります。

メルカリなどのフリマアプリで、家の中の不用品を販売することにより「モノの価値」が分かるようになり、自分にとって本当に必要なモノを買う「正しく使う力」を身につけることができるのです。

今回は、著者であるぶんねこさんの「ぶんねこ流の売買テクニック」を解説していきます。

相場を知る

フリマアプリで商品を販売する上で大切なのは、相場を知る必要があり、まずは「販売したい商品がいくらで売れるのか?」を明確にする必要があるからです。

具体的には、過去のデータをリサーチして、仮に同じ商品があった場合には100円安く設定し、メルカリで出品する際に表示される参考価格も見逃せません。

自分が販売したい商品が決まったら、過去のデータをリサーチして相場を知り、参考価格を参考にしながら100円安く設定するなどの工夫が必要です。

1枚目の写真

出品した商品が買われるかどうかは1枚目の写真が全てであり、1枚目の写真が悪いとクリックされる可能性が低くなります。

具体的には、清潔感のある白い背景にしたり、画像加工フィルターでキレイに調整したり、【新品・未使用品】などの文言を画像に入れるのです。

私達がネット通販で商品を買う際に一番初めに視界に入るのは「1枚目の写真と価格」のため、商品の詳細ページへ誘導するためにも1枚目の写真は重要です。

相場をイメージさせる

自分の出品した商品を買ってもらうには「相場をイメージさせる」ことが大切であり、購入されにくい商品は「高いのか安いのかわからない」ことが原因です。

イメージさせる方法は、単品とセットの両方で販売することがおすすめで、単品500円の商品を2つセットで800円などで出品します。

単品とセットで比較対象を作ることにより、買い手にとって指標となるだけでなく、送料も1つにまとめられるメリットもあります。

メルカリで稼いだ後は?

本書では、フリマアプリ稼ぐことによりリセールバリューが身につき、価値のあるモノを買うことで支出が減らせると説明されていました。

そこで、モノの価値が分かるとなぜ支出が減らせるのか疑問に感じたため、フリマアプリでの売買が実際にどのように役立つのか?また、価値のあるモノとは何なのか?について考えていきます。

どの様に役立つ?

フリマアプリで実際にモノの売買をすることにより、自分で稼ぐ大変さがわかります。

実際に私自身も、ブログでお小遣い程度の金額を稼いでいますが、1円の重みはブログを始める以前と比べれば計り知れません。

1円の重みを再確認することで、買う際には本当に価値のあるモノだけを買うため支出が減らせて、また稼ぐ感覚を身につければ副業でも稼ぐキッカケにもなります。

本書でも説明されていますが、フリマアプリでの売買を等してマーケティングの知識が学ぶことができるのが最大のメリットです。

「価値のあるモノ」とは?

価値のあるモノを買うといっても、具体的にどの様なモノにお金を使うべきか考えていきます。

本書の例では、読書や勉強などの自己投資、本業や副業など仕事で使うもの、食器洗浄機やお掃除ロボットなど時間を生み出すモノです。

また、初めて訪れる土地への旅行もおすすめで、「体験」して新しい発見があるモノを買うことが重要だと考えています。

メルカリなどフリマアプリでの売買では、これらのリテラシーが高まり、今持っているモノの価値を基準に判断できるようになるのです。

まとめ

今回ご紹介した書籍
お金持ちになる方法がわかる!

支出を減らして貯金するためには、フリマアプリの売買を通してリセールバリューを身に着けて「価値のあるモノを買う」ことが重要です。

まとめると、

  • モノの価値を知る
  • リセールバリューを身につける
  • フリマアプリで稼いでみる

以上の3点を日常生活に落とし込んで実践してみてください。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました