成功者にはユダヤ人が多い!?「救世主思考」でビジネスが成功する訳

Judaismファイナンス

成功したくて悩んでない?

  • 将来は成功してお金持ちになりたい
  • 成功者の思考を学びたい
  • 自分でビジネスを起こして成功したい

今回は、滝内恭敬さんの著書「なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?〜ユダヤの神を味方につければ起業は必ず成功できる!〜」(発行:サンライズパブリッシング)で解決していきます!

こんな人におすすめ!
  • 将来は成功してお金持ちになりたいと考えている
  • 成功者の思考を学んでビジネスに活かしたい
  • 自分でビジネスを起こして成功したい

3分程度でサクッと読めるので、ぜひ最後までご覧くださいませ!

スポンサーリンク

「救世主思考」で成功する法則

世界を代表する成功者にはユダヤ人が多く、Facebookのマーク・ザッカーバーグGoogleのラリー・ペイジスターバックスコーヒーのハワード・シュルツ、他にも多くの成功者が有名企業を作り出しています。

キリスト教はユダヤ教と同じ創造主を崇拝していて、言い換えるとキリスト教はユダヤ教の本来の姿であり、聖書にこそ成功の秘訣が隠されているのです。

人は誰しも助けられて生きていることから、イエス・キリストの様に救世主思考を持つことでビジネスで成功させることができます。

自己犠牲が必要

イエス・キリストとはキリスト教の開祖であり、自らの命と引き換えに人々を救済しました。

ビジネスで成功させるためには、自己犠牲によって顧客を助けることが大切であり、自分自身が作りたい商品を作ってはいけません。

例えば、「オリジナル商品を作りたい」と奮闘する起業家も多いですが、あくまでも目的は「顧客を喜ばせること」であり、喜ばせる過程で商品が生まれるのです。

アイデアが突然に降ってくることなど無く、250年後など自分がいない未来から逆算し、長期的な目線でコツコツと積み上げていくことが重要です。

過去と決別

大きな成功を得るためには、過去と決別して新しい環境に飛び込む勇気も必要であり、過去と決別するためのセロベース思考レハレハについて簡単に説明します。

ゼロベース思考とは、これまでの過去を全て消去して、訪れる未来に最適な判断を下すことで、イノベーションを起こすためには過去に執着しないことが大切です。

レハレハとは、「全ての土地を捨てて新しい土地へ行け」というユダヤの教えで、今まで積み上げたモノを全て消すことにより新しい世界を作ることができます。

イエス・キリストもかつては「安息日に労働してはいけない」というルールを破ることで多くのファンを獲得したように、過去のルールを破ることで新しい世界へのファンを増やすことが重要です。

黄金律を守る

黄金律とは別名ゴールデンルールとも呼ばれ、「自分が買ってよかった商品を顧客に売る」というビジネスの基本となるルールのことです。

ビジネスの世界で成功している人は、顧客の「こうだったらいいな」という世界を作り出していて、お金目当てではなく、顧客を喜ばすことが重要です。

例えば、営業職に就いている会社員の場合、ノルマに追われるあまり自社の商品をあまり良く理解していないと、顧客は商品を買ってはくれませんし、自己満足している商品を一方的に売りつけるべきではありません。

「何を販売すれば顧客は満足しているか」が重要であり、自己満足している商品よりも、妥協している商品でも貢献度が高ければ売るべきなのです。

救世主は複数存在しても良い?

本書では、世の中の人々に対して貢献度の高い商品を販売して救済することで、ビジネスの世界においても成功することができると説明されています。

もしも、競合と同じ商品を扱っている場合はどうなるのか、また、起業したてで対価が得られない時にどうやって継続するべきか考えていきます。

競合と同じ商品の場合は?

競合他社が自社と同じ商品を扱っている場合、顧客を救済している救世主が2人存在していることになり、この状態は望ましいのかと疑問に感じました。

例えば、コンビニの近くにコンビニを展開するドミナント戦略は、お互いがライバルという解釈ではなく、市場占有率を上昇させることにより、社会貢献度をより高めています。

同じ商品を扱っていたとしても、顧客側からすれば「同じ商品で助けてくれている救世主」であり、競争して質を高めながら人々を助けることができるのです。

対価がなくても継続するには?

起業したてのときの問題として、収益が得られるまでに時間を要し、継続し続けるのが困難な場合も多いのではないかなと疑問に感じました。

聖書で説明されている黄金律の通り、ビジネスはお金目的では無く、顧客が「こうあってほしい」という商品やサービスを提供し続けていれば、対価は後から入ってくると考えることができます。

成果や対価が得られなくても継続し続けるためには、目的を「お金」から「救済」へ変更して、黄金律を徹底的に守り実行していくことが重要です。

まとめ

今回ご紹介した書籍
ビジネスで成功する!

ビジネスで成功するためには、顧客が本当にほしい商品やサービスを提供することで、救済することです。

ビジネスで成功するための救世主思考とは、

  • 自己犠牲でオリジナルを捨てる
  • 過去に執着せず新しいことに取り組む
  • 黄金律を守って顧客満足度を重視する

以上の3点を実践することによって、顧客が満足する商品やサービスを提供して、成功することができます。

「将来はビジネスを起こしてお金持ちになりたい」と強く思っている方は、ぜひ救世主思考で世の中をより良い世界にすることを意識してみてください。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました