バビロン大富豪の教えで誰でも「お金持ち」になる方法を解説!

rich-man-ruleファイナンス

お金について悩んでいませんか?

  • 貯金をしたいけど毎月赤字
  • 将来はお金持ちになりたい
  • お金に対する知識を得たい

そんなあなたに、ジョージ・S・クレインさんの著書「バビロンの大富豪」(発行:グスコー出版)がおすすめです。

こんな人におすすめです!
  • 貯金をしたいけど毎月の家計が赤字で困っている
  • 将来はお金持ちになって幸せになりたい
  • お金が自然と貯まる知識を身に着けたい

3分程度でサクッと読めるので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

バビロン大富豪の教えを解説!

本書は、古代バビロニア王国 の王様が、バビロンで最もお金持ちであるアルカドという人物に、「お金持ちになる方法」を民衆に講義してほしいというところから始まります。

王様は「何か特殊な能力を持っていたのか?」と問うと、アルカドは「お金持ちになりたいという希望だけです」と答えて驚かせます。

民衆100人を大きなホールに集めて、大学の講義の様な形でアルカドは話をはじめ、「富を増やす法則を学べば誰でも富を得られる」ことについてバビロンの教えが始まるのです。

バビロン「7つの知恵」3選

本書ではバビロン大富豪「7つの知恵」をベースに書かれていますが、その中でも現でも手軽に実践できる知恵を3つに絞って解説していきます。

  • お金を貯める…10枚のコインを入れたら使うのは9枚までに止めれば、やがて財布はパンパンになる
  • お金を増やす…安定的な収入を作ってくれるものに投資し、お金に働かせて福利で増やしていく
  • お金を守る…ギャンブル的な要素を含む投資をせず、元本を確保しながら損失を防ぐ

例えば、毎月の給料で手取り20万円を得た場合、10分の1である2万円を貯蓄に回し、預金をパンパンにします。

50万円、100万など、まとまったお金を貯めたら、今度は米国株など安定的に年々上昇する見込みのあるインデックスファンドなどに株式投資してお金に働かせるのです。

最後に、他人から「ラクして儲かる」といったような怪しい儲け話から逃げて、損失を防いでお金を守ることが大切です。

これら「3つの知恵」を実践するだけで、誰でも簡単にお金もちになれるというのがバビロン大富豪の教えのベースになります。

幸運を掴むマインド

せっかく貯めたお金を、投資など「お金を増やすチャンス」をグズグズと迷って逃してしまうと、幸運のチャンスを掴むことはできません。

例えば、今1万円で購入した株式は、数十年後に何倍にも成長しているかもしれないため、自分が納得できる取引であるのであれば素早く支払うべきです。

優柔不断な人の特徴は、儲けるチャンスは沢山やってきますが、ためらってばかり行動しないため、迷っている間に「幸運」が逃げてしまいます。

私もシンガーソングライター時代に、様々なSNSを駆使した結果「Eggs」というインディーズアーティス専門のSNSをきっかけに、GReeeeNAdoの所属事務所の音楽関係者からスカウトされました。

結果的には失敗に終わりましたが、挑戦しなければスカウトされるという貴重な経験すら得ることはできませんでした。

せっかく訪れたチャンスを掴むためにも、優柔不断に様々な言い訳で行動を遅らせずに、素早く行動することが重要です。

考察&感想

本書の目的は、富を得るために必要な「7つの知恵」を古代都市バビロンから学び、現代でも実践可能な「お金を増やす方法」の知恵を習得して実践することです。

実際に読んだ結果、決して特別な方法ではなく「稼いだお金の一部を先取り貯金する」をベースに、現代で最も実現可能な基本を行うだけで富を築けると感じました。

収入が少なくても貯金できる?

20万円以上の手取り収入がある場合、家賃や水道光熱費などの固定費を引いても、2万円程度は余裕を持って貯金できます。しかし、手取り15万円だった場合は、生活するのにギリギリで貯金の余裕は無いのではないかと疑問に感じました。

改善するためには、まず1ヶ月の支出を減らすことが重要であり、必要のない固定費を削減することで、収入が少なくても貯金する余裕は生まれると考えました。

支出を削減するためには、1ヶ月の支出をクレジットカードの明細やレシートを見て、無駄な固定費や日々の買い物で無駄な物を把握することが大切です。

今後の課題は、贅沢品と必需品を分けて支出を抑えることに注力すべきであり、支出を抑えることで収入が少なくても先取り貯金を実践することができます。

「7つの知恵」は現代でも実践可能

バビロンが文書に登場するのは、紀元前2334年〜2279年の粘土板であり、何千年も過去の人たちが「お金」に対して価値を見出していたり「お金持ち」という階級があることに驚きました。

バビロンが世界最大の規模とされていた時代は2回あり、紀元前1770〜1670年、紀元前612年〜320年です。

現代でも、なかなか貯金することができない人がいるの中で、何千年も昔の人たちが現代でも通じる「お金持ちになる法則」を考えていたことに魅力を感じました。

古代バビロニア王国の力を借りて、お金を貯めて増やして守って、将来は巨万の富を手に入れられるかもしれません。

まとめ

今回ご紹介した書籍
誰でもお金持ちになれる!

バビロン王国のお金を増やす法則の基本は「稼いだお金の一部を先取り貯金」することであり、それに加えて「7つの知恵」を実践することで将来はお金持ちになることができます。

7つの知恵の中で、現代でも簡単に実践可能な方法は以下の3つです。

  • 収入の10%を貯金する
  • 貯めたお金を働かせて増やす
  • 危ない儲け話を避けてお金を守る

そして、幸運を逃さないためには、自分が納得できる取引は少々リスクがあっても支払うべきであり、グズグズ迷っているとチャンスが逃げてしまうということです。

皆さんも、バビロン王国の知恵を借りて、積極的に行動して幸運をつかみ取り、将来は大金持ちで豊かに暮らしてください!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました