1週間が早く感じる「労働者2.0」の働き方で投資家の思想になる訳

investmentファイナンス

お金や仕事について悩んでませんか?

  • 貯金に対して疑問に感じる
  • 何となく就職してしまった
  • 仕事にやりがいを感じられない

あなたの悩みは、奥野一成さんの著書「ビジネスエリートになるための教養としての投資」(発行:ダイヤモンド社)で解決できるヨ

こんな人におすすめ!
  • 貯金に対して疑問に感じている
  • 親に言われて何となく就職してしまった
  • 仕事に「やりがい」を感じられない

3分程度でサクッと読めますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

「労働者2.0」は投資家の思想

「投資は知の総合格闘技である」と著者である奥野一成さんは述べていて、楽をして短期的に儲ける投資は無く、ビジネスの場においても「自分の頭で考える」という習慣が必要不可欠なのです。

多くの日本人は「労働者の思想」しか持っておらず、日本の貧しさを食い止めるには、多くの人が「投資家の思想」を持つことが大切です。

労働者2.0は能動的に働く

多くの日本人は、学校を卒業すると会社や役所などの組織に入り、当たり前の様に組織の一員として働きますが、日本の法律に「卒業したら組織に入らなければいけない」など書いてありません。

「投資家の思想」を持つためには、労働者1.0の現状を抜け出し、労働者と投資家のハイブリッドである労働者2.0になる必要があります。

  • 労働者1.0…上司の愚痴を言いながらイヤイヤ働いている
  • 労働者2.0…主体性を持って自分の能力を会社に提供している

労働者と投資家のハイブリッドである労働者2.0になることで、広い視野が生まれてスキルや人脈を活かすことによって転職や企業に役立てることができます。

売らなくていい株を買う

投資家として有名なウォーレン・バフェット氏はコカコーラの株式を32年間も保有し続けていて、現在では株価が20倍という額にまで高くなっています。

なぜ、32年間も保有し続けることができたかというと、将来的な人口の増加に伴って、コカ・コーラを飲む人口も相対的に増加すると信じているからです。

「どんな企業に投資するべきか」は以下の3つの要素が重要です。

  • 高い付加価値…本当に世の中にとって必要な事業
  • 高い参入障壁…競合が諦める様な存在感がある
  • 長期潮流…人口増加など長期的に変化せずに伸びる

上記の3つが弱まらない限り保有し続けるべきであり、もしも3つの要素のどれか1つが欠けた場合には手放すだけの「売らないいい投資」が大切になります。

考察&感想

本書では、「資本家=お金持ち」というイメージは50年前のイメージだと説明されています。日本の個人が保有する資産は1864兆円であり、そのうちの52.9%である986兆円は、金利を生み出さない「ただ眠っているだけ」の現預金です。

米国のGDP(国の経済規模)は1980〜2019年で10倍まで向上したのに対して、日本はたったの2倍となっていて、この原因の一因として日本人の資産の半分以上が現預金で保有されているというのも事実です。

多くの日本人は米国株を買うのでは?

日本の経済を成長させるためにも、現預金に眠っている貯金を投資に回すべきですが、日本の株価は米国と比べて伸びしろが無い現状のため、3つの要素に入っていないことに対して疑問に感じました。

日本経済はほぼ平行線を辿っていて、長期的にみても投資から得られるリターンは少なく、長期潮流が著しく欠けているため、日本株よりも米国株に投資する日本人が増えてしまいます。

本来であれば、為替リスクが伴う米国株に投資するよりも、生活に必要な円という法定通貨で日本株に投資するべきです。

今後の課題としては、日本人の1人1人が投資しやすい環境づくりと、ポイント還元が好きという特徴を活かして、株主優待を充実させて高い付加価値を作っていき、長期潮流に乗せていく必要があります。

考え方1つで働き方が変わる

多くの社会人は「働かさられている」という受動的な労働者思考なのに対して、これからは「自分で働いている」という能動的な投資家思想が必要というのが本書で印象的でした。

考え方1つ変えるだけで、労働者の思考から抜け出して、資本家の思想に近づけるのは新しい発見で、イヤイヤ働いている社会人におすすめの考え方です。

自分自身も、米国株に投資を行っていますが、我々日本人は「円」という通貨で生活している以上、日本株にも積極的に投資を行っていきたいと考えています。

日本の経済を高めていくためにも、私含め多くの社会人は日本の企業に投資することが重要です。

まとめ

今回ご紹介した書籍
資本家の思想になれる!

投資は知の総合格闘技であるため、「自分の頭で考える」ことが必須でありビジネスでも重要です。

多くの社会人は、上司の愚痴を言いながら受け身で仕事をしていますが、これからは受動的な労働者1.0ではなく、能動的な労働者2.0になる必要があります。

  • 労働者1.0…上司の愚痴を言いながらイヤイヤ働いている
  • 労働者2.0…主体性を持って自分の能力を会社に提供している

また、「労働者の思考」から抜け出し、「投資家の思想」を持り、以下の3つの要素がある株に投資をして売らなくてもいい投資に挑戦していくべきです。

  • 高い付加価値
  • 高い参入障壁
  • 長期潮流

皆さんも労働者から抜け出して、投資家の思想を手に入れて、より豊かな人生を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました