音楽でスカウトされる方法はインターネットを活用した音楽活動!

体験談

どうも!空腹が最大の調味料でお馴染みの群馬俊貴です。
今回のテーマは「音楽でスカウトされる方法」です!

シンガーソングライター、バンドマンとして音楽活動する上で、芸能プロダクションにスカウトされるのは1つのも目標でもありスタートラインでもあります。

スカウトされる定番なパターンとして、「路上ライブで声をかけられる」「ライブハウスで実力を買われる」などありますが、それ以外にもインターネットを駆使した方法があります。

では、音楽プロダクションにスカウトさせる音楽活動の1つとしてインターネットを使った方法を体験談を交えて説明していきます。

スポンサーリンク

音楽事務所にスカウトさせる方法

音楽事務所にスカウトされるには並大抵の努力が必要なのは間違いなく、インターネットを駆使した音楽活動を行うことで音楽関係者の目に止まりやすくなります。

スカウトさせるために必要な音楽活動は以下の通りになります。

スカウトさせる音楽活動

・YouTubeでMVを発信

・Eggsに音源を発信

・プロっぽいクオリティを追求

・SNSのプロフィール

では具体的にどういった活動内容なのか説明していきます。

YouTubeでMVを発信

音楽活動をする上で最も重要な活動となるのが、ミュージックビデオなどの映像コンテンツをインターネットに発信することです。

ミュージックビデオを発信していないのは、食品サンプルを置いていない飲食店と同等で、イメージを想像すつこともできなければ興味を持ってもらう機会も減ってしまいます。

ミュージックビデオなどの映像コンテンツを発信していれば、新規ファンの方々が興味を持つキッカケにもなりますし、なにより音楽関係者がスカウトする際の判断材料として大いに役立ちます。

食品サンプルとしてミュージックビデオを店先に並べて誰でもウェルカムな状態を作りましょう。

YouTubeは検索コンテンツとしても上昇中なので使わない手はなく、やっていて損することは一切無いので積極的に発信していくことが大切です。

YouTubeでミュージックビデオを発信して食品サンプルを並べましょう

Eggsに音源を発信

音楽専門のSNSにオリジナル楽曲を発信することでスカウトされる確率を上げることが出来ます。

インディーズ専門のSNS「Eggs」にオリジナル楽曲を発信することで得られる効果は2つあります。

1つ目は、元々インディーズ好きなリスナーが多いため、オリジナル楽曲を見つけてもらいやすい特徴があることです。自分から探してくれるリスナーが多いので、その分チャンスも多く上手く見つけてもらえばファンとして応援してくれるかもしれません。

2つ目は、音楽関係者がスカウトするミュージシャンを探すのに利用していることです。

私自身、「Eggs」にオリジナル楽曲を発信し続けていた結果、某有名アーティストグループを担当する音楽関係者からスカウトしていただけました。インディーズ専門のSNSというだけあってスカウトする音楽関係者もこういったサイトで探すのが定番となっているのかもしれません。

インディーズ専門SNS「Eggs」について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

「Eggs」にオリジナル楽曲を発信することで、新規ファンを獲得することが出来、音楽関係者からスカウトされる確率をかなり高くすることが出来ます。

プロっぽいクオリティを追求

オリジナル楽曲やミュージックビデオを制作する上で気になる点が、クオリティをより高くしようと走りすぎてしまうところです。

もちろん、クオリティは高いにこしたことはありませんが、クオリティを追求しすぎるあまり活動の頻度が低下しては時間だけが過ぎ去り元も子もありません。

クオリティよりも、作品に対して納得できる妥協するポイントを決めておくことが重要になります。

クオリティを追求しなくても、アイデア次第でプロっぽい作品は作ることが出来ます。

作品を発信する頻度が低く作品数が少ないのは、メニュー表があるのに料理が1つしかない品揃えの悪い店と同じですので、クオリティよりも妥協できるポイントを定めてプロっぽい作品を数多く発信することが何よりも重要です。

SNSのプロフィール

SNSを活用するシンガーソングライターやバンドマンの方は多くいらっしゃると思いますが、スカウトされるように仕向けたプロフィール欄を作ることで最後の一手を決める事ができます。

SNSのプロフィール欄にどの事務所にも所属していないことをさり気なくアピールすることで、どこにも所属しないフリーである状態を分かりやすく伝えることが出来ます。

プロっぽい作品をYouTubeなどに発信することで、どこかの事務所に所属している可能性を匂わせ、SNSのプロフィールでフリーであることを強調します。

スカウトする側からしたら、プロっぽい活動を個人で制作してる事がわかりますし、SNSでフリーであることを伝えることで安心してスカウトすることが出来ます。

実際にどんなことをプロフィールに書けばいい?

私が実際に書いたプロフィールを紹介させていただきます。

芸能事務所やレーベルに所属せずに1人で活動することがモットーです。作詞作曲編曲、ミュージックビデオの撮影編集を全て1人でこなしています。詳しくはホームページをご覧ください。

うろ覚えですがこんな感じです。

まとめ

音楽関係者からスカウトされる方法を説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

基本的にインターネットを駆使した音楽活動になりますので、抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、やるべきことをやっていれば自然とスカウトされることが出来ます。

大事なのは、スカウトされるのはスタートラインに過ぎないことです。スカウトされてからが本番ですし、スカウトされて満足していては私みたいに諦める結果となってしまいます。

そのため、スカウトされて燃え尽きることなく継続的に高い志を持つことが重要になります。

ミュージックビデオやオリジナル楽曲を数多く発信することで食品サンプルを作り、新規ファンはもちろんのこと音楽関係者がスカウトする判断材料として、常に店先に並べておきましょう。

食品サンプルを並べたら、どこの組織にも属していないフリーであることを積極的にアピールしていき、安心してスカウトしていただくのを待ちましょう。

では、インターネットを駆使して音楽活動をより良いものにしていきましょう。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました