駆け出しミュージシャンの「音楽機材コレクター化」が失敗する訳

体験談

「駆け出し源泉かけ流し」でお馴染みの群馬俊貴です!

今回のテーマは「駆け出しミュージシャンは音楽機材コレクターになるな」だヨ

ミュージシャンにとって音楽機材は必需品であり、音楽活動の要でもありますよね。

音楽活動で悩んでいませんか?「面白いエフェクターを見ると衝動買いしてしまう。ミュージシャンは音楽機材にこだわると決めつけている。楽器屋を見つけると入店してしまう。」

シンガーソングライターバンドマンを目標にしている、駆け出しミュージシャンにとっても同じで、初めの音楽機材の選び方や考え方で今後の活動が決まってしまうといっても過言ではありません。

私のプチ紹介

私は21歳から独学で音楽理論を学び、シンガーソングライターとして3年ほど活動していました。引退を決意した間近に有名アーティストグループを担当する音楽関係者からスカウトしていただいた経験があります。

私も駆け出しの頃は、音楽機材を一式買い求めた結果、効率よく音楽活動に取り組むことができました。

駆け出しミュージシャンにおすすめ音楽機材は、こちらの記事で紹介しています。

音楽機材に拘りたい駆け出しミュージシャンの方もいらっしゃると思いますが、基本的に音楽機材は最低限の機能が備わっていれば安いほど良いと思っています。

この記事の内容

1.音楽機材のコレクションを目的にするな

2.音楽機材とは音楽活動の手段である

3.ギターなど楽器には強い拘りを持つべき

それでは詳しく説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

駆け出しミュージシャンの「音楽機材コレクター化」が失敗する訳

駆け出しのミュージシャンに陥りやすいのが、音楽機材を集めるコレクター化してしまうことです。

特に、音楽活動を始めたばかりのころは、音楽機材を見ているだけでも楽しくて、所有しているだけでミュージシャンになった気分を楽しんでしまいがちです。

体験談

私が駆け出しの頃は、ロックミュージシャンに憧れており、ギターのハードケース大きなエフェクターボードを意味もなく購入することで満足していました。

ちなみにエフェクターはチューナーディストーションの2個だけでした...。

大きいエフェクターボード買った意味無いじゃん!

初心者にとって、プロミュージシャンは憧れであり、効率的では無いにしろ音楽機材に拘ってしまうのも事実です。

しかし、プロのミュージシャンとして音楽で生きていくことを目指しているのにも関わらず、音楽機材を集めるのが目的になってしまっては本末転倒ですよね。

今回は、「音楽機材コレクターになるのは辞めよう!」ということについて、具体的に説明していきます。

コレクションを目的にするな!

ミュージシャンとして音楽活動をする上で音楽機材を目的にしてはいけません。

面白そうなエフェクターを見つけると、衝動的に購入してしまったり、楽器屋を見つけると入店してしまったりする方は注意が必要です。

本来の目的は、オリジナル楽曲を制作してライブ活動や音源の公開をすることであり、エフェクターを集めるのが目的化してしまっている方は、自分自身の行動を振り返って見ることが大切です。

エフェクターで例えるなら、自分が頻繁に使用するエフェクターさえあれば、同じ種類のエフェクターは必要ありません。

オーバードライブのエフェクターを2個持っていても、駆け出しの頃は音色の違いも分からないと思いますので、1個で十分に満足できると思います。

音楽機材は手段でしか無い

音楽機材は、オリジナル楽曲を制作するという目的に対する手段の1つにすぎません。

オリジナル楽曲を制作する目的で音楽機材を購入しているのに、いつの間にか音楽機材を集めるのが目的になってしまっては本末転倒です。

お気に入りのエフェクターやモニターヘッドホンなどを購入することは悪いことではありませんが、余分に購入する資金があるのであれば、音楽活動費として先行投資した方が効率的です。

私が駆け出しの頃、既にディストーションコーラスのエフェクターを所有しているにも関わらず、面白そうなマルチエフェクターを衝動買いしてしまっていました。

結局、マルチエフェクターはあまり使用すること無く、買取業者に依頼して処分してしまいました。

手段が目的化してしまわないように、本来の目的をしっかりと定めて、音楽機材は必要最低限のもので音楽活動することが重要です。

楽器には強い拘りを持つべき

音楽機材に関しては、必要最低限の機能が備わっていれば問題ないと説明してきましたが、楽器の場合は少し違ってきます。

じゃあ楽器は好きな楽器を買っていいの?

基本的に楽器は、自分の購入したい楽器を優先的に購入した方が、音楽活動に対するモチベーションの向上にもなります!

体験談

私は、最初こそ初心者用のギターを購入しましたが、ある程度は慣れてきた段階で13万程度のエレキギターを購入しました。もともとフライングVのギターが好きだったことから、購入後は音楽活動に対するモチベーションもかなり向上しました。

お気に入りのデザインをしているギターや、アーティストモデルのギターなど、自分が欲しい楽器を購入することは自分への先行投資でモチベーションを高めてくれます。

もしも、必要のない分までエフェクターなどの音楽機材を購入してしまっているのであれば、その資金を楽器に回したほうが後々のリターンも大きいと思います。

まとめ

音楽活動の目的は、オリジナル楽曲を制作してより多くの方に音楽で幸せにすることであり、音楽機材を集めるコレクターになることではありません。

つい町中で楽器屋を見つけた時に入店してしまい、衝動買いしてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

エフェクターなどの音楽機材は、必要最低限の機能さえ備わっていれば、1つで十分満足できる作品は作れますし、複数個は必要ありません。

余分な音楽機材を制作するくらいであれば、音楽活動費に資金を回したほうが効率的に結果を出すことができます。

皆さんも、音楽機材という手段が目的にならないように注意して、より楽しい音楽活動を行いましょう!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました