【体験談】デリバリーバイトはきつい?未経験の初心者におすすめな訳

デリバリーバイトワーキング

デリバリーバイトについて悩んでない?

  • 原付き未経験だけど採用される?
  • 土地勘がなくて不安
  • 雨の日はどれくらいきつい?

「デリバリーバイトは未経験の初心者にこそおすすめ」でお馴染みの群馬俊貴です!

デリバリーバイトに挑戦したいけど、「原付き未経験」「土地勘がない」といった不安から、自分には向いていないと決めつけてしまう方も多いです。

私は、シンガーソングライターを目指している22歳の時に、生活の収入源としてデリバリーバイトで生計を立てていました。

引っ越ししたばかりだったため土地勘などなく、免許こそ所有していましたが原付きは未経験だったため、今デリバリーバイトを始めようか悩んでいる皆さんと全く同じ立場でした。

雨の日がどれくらいきついのか不安でしたw

実際にデリバリーバイトを体験した視点から、未経験者が不安に感じる点と、働いてから大変なことを説明していきます。

スポンサーリンク

デリバリーバイトは初心者におすすめ!

デリバリーバイトは経験者でないと大変なイメージをしてしまいますが、実は未経験の初心者におすすめな仕事です。

理由は、注文された商品をお客様の自宅へお届けするというシンプルな仕事というのは前提として、接客が苦手な方でも気楽に働けたり、運動不足の解消に繋がるからです。

デリバリーバイトのメリット
  • 商品を届ける簡単な仕事内容
  • 接客が苦手でも支障をきたさない
  • 運動不足の解消に繋がる

基本的に仕事内容が簡単

デリバリーバイトの配達件数は、1時間で4件程度が平均のため、休日や雨天以外の時を除いて焦らずにゆっくり仕事をすることができます。

注文がなく少人数で十分な時は、配達エリアにチラシをポスティングしたり、店舗によっては調理を手伝うといった業務もあります。

未経験初心者の場合、配達件数は1時間に3件程度と徐々に覚えて、困った時はスタッフで助け合うため安心して働くことができます。

土地勘が無くても大丈夫?

土地勘が無くて道を覚えるのが不安な方も多いですが、店舗には大きな地図があり、店長や先輩から住所の読み方や裏道を教えてもらえたりします。

常連のお客さんが比較的に多いため、土地勘が全く無い私でも、入社から半年程度で地図を見ないで配達できるまで成長できました。

最近では、原付きにスマホが取り付け可能な店舗もあるため、始めのうちはナビゲーションアプリを使用しながら配達しても良いかもしれません。

原付きに乗ったことが無い…。

普通自動車の免許は持っているけど、原付きに乗ったことがない方も多いですし、私もその1人でした。

デリバリーバイトでは、原付きに乗ったことが無くても教育マニュアルがしっかりしていて、店舗の前の道を往復したり、慣れてきたら先輩の配達についていくことで自然と覚えていきます。

私も原付きは未経験でしたが、練習してから半日程度で慣れてきて、1年後には原付きを購入してしまうほど自然に慣れていきます。

デリバリーバイトの悩み

デリバリーバイトの仕事で悩むポイントは、「注文ピーク」「釣り銭と売上」「電話対応」の3点となります。

注文ピークとは、フードデリバリーの需要が最も高くなる休日や雨天がもっとも忙しくなることで、売釣り銭と売上とは、店舗から預かった釣り銭と商品代金の合計が合わなくなることです。

また、忙しい時間帯では、従業員では抱えきれない注文が来ることもあるため、電話対応でいかにお客さんの待ち時間を確保できるかが重要となります。

雨の日と休日が忙しい

フードデリバリーの需要が最も高くなるのは、土日祝の夜と雨天で「買い物にいくのが面倒」という日になります。

休日や雨天が重なった時には、通常の配達と比べて2倍以上の注文が来るため、忙しさもピークとなり暇な時間は一切ありません。

私が経験した限りで1番忙しかった時は、1時間に12件程度を配達(近所も含む)するほどの忙しさでした。

【アルバイト】デリバリーバイトは楽でおすすめ!雨の日がきついだけ

売上と釣り銭が合わない

デリバリーバイトは、お客さんと手渡しで現金を扱うため、売上と釣り銭はレジのバイト以上に注意しなければなりません。

お客さんに間違ってお釣りを渡してしまったり、お客さんが少なく支払って受け取ってしまったり、機械ではないのでミスが起きるのは当然です。

店舗によっては、足りない売上と釣り銭に対して、自腹を強要してくるのも事実ですが、自腹の強要は法律違反の可能性がありますので注意が必要です。

「レジの金額が合わない」売り上げ不足金の自腹強要は法律違反!?

ピーク時の電話対応

休日や雨天時には注文がピークを迎えますが、従業員が配達できる件数にも限度がありますので、お客様に待ち時間を伝える必要があります。

デリバリーバイトが、注文を受注する業務があるかどうかは店舗により違いますが、忙しい時には状況を判断しながらお客さんに待ち時間を伝えることで、クレームやキャンセルのトラブルを回避することができます。

仮に、道に迷った等で配達が遅れた場合には「申し訳ございませんでした」と素直に謝罪することも大切です。

【デリバリーバイト】注文が殺到しているピーク時の電話対応の仕方

まとめ

近所でデリバリーバイトを探すなら「はたらいく」の求人サイトがおすすめです。

詳しくはこちらの記事→アルバイト探しは「はたらいく」がおすすめ!特徴は地域密着型サイトをご覧くださいませ。

デリバリーバイトを始める前の「原付きが未経験」「土地勘がない」といった悩みは、誰しもが通る道であり、初心者にこそおすすめしたアルバイトです。

接客が苦手でもコミュニケーションの練習として最適ですし、運動不足の解消にもなり気分転換しながら収入を得ることができます。

デリバリーバイトで大変だと感じるポイントは3点あり、休日のピーク時が忙しい点と、売上と釣り銭が合わないことがある点ピーク時の電話対応が大変な点です。

未経験の方こそ、デリバリーバイトに挑戦してみてください!

最後までご覧いただきです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました