高校生のための「1週間早く感じる方法」は放課後を充実させる

week-early仕事の悩み

高校生のみんな、一週間が長くて悩んでない?

  • 授業中に何度も時計を見てしまう
  • 一週間が長く休日が待ち遠しい
  • 学校の時間がとにかく退屈

「放課後を充実させれば1週間は早く感じる」でお馴染みの群馬俊貴です!

高校生の皆さん、平日がとてつもなく長く感じていて、土日が一瞬で過ぎ去ってしまっていませんか?

土日が一瞬で過ぎ去ってしまうとプライベートの時間を楽しむことができませんし、平日もダラダラと過ごしてしまって人生がつまらなく感じてしまいます。

実際に僕が高校生の時、平日は学校とアルバイトの繰り返しで、日々の退屈さから土日のプライベートも充実していませんでした。

しかし、以下の3点を意識してからは学校生活もアルバイトも、休日も充実した毎日を送ることができました。

この記事でわかること
  • 1日単位で楽しみを作る
  • 集中力が体感時間を短くする
  • 時計を見ずに時間を忘れる

重要なポイントは、人生の充実さと体感時間には密接な関係があるということです。

もっと詳しく知りたい方は、サクッと読めますのでぜひ最後までご覧くださいっ!

スポンサーリンク

「一週間早く感じる方法」は放課後の充実

1週間の中で、平日を短く、休日を長く感じるためのポイントは、放課後の充実さ時間を忘れて集中することです。

以下の3点に分けて詳しく説明していきます。

  • 1日単位で楽しみを作る
  • 集中力は魔法のアイテム
  • 時計は絶対に見てはダメ

1日単位で楽しみを作る

毎日の学校帰りに「今日も昨日と同じ毎日だったな」と感じる方は、毎日違った楽しいを設定することで充実した毎日を送れます。

例えば、「お風呂上がりにコーラを飲む」や「料理を作ってみる」など、楽しみや挑戦をすることで退屈な毎日に新鮮さを作ることができます。

新鮮さや充実さこそ体感時間をコントロールするのに必要であり、放課後や休日を充実させることが平日の体感時間を短くすることに繋がります。

集中力は魔法のアイテム

集中力と体感時間には密接な関係があり、情報のインプット量が多ければ多いだけ体感時間は長くなりますが、集中することで体感時間を短くできます。

例えば、歴史の授業中に、「まだ知らない情報」や「給食のこと」など余計なことを考えてしまうと、脳の情報処理能力の速度が上がるため体感時間が長く感じてしまいます。

授業の体感時間を短くするためには、授業に集中して余計なことを考えないことが結果的に体感時間を短くすることに繋がります。

時計は絶対に見てはダメ!

授業中の時間が長く感じる原因は、時計を気にしすぎているからです。

学校の授業に集中するだけで、授業の体感時間を短く感じるだけでなく、テストの成績も上がることが期待できます。

時計を気にしない集中力を鍛えることは、授業が早く終わり、成績も上げてくれるため、普段から意識して取り組むことが大切です。

まとめ

授業が嫌いな高校生も多いですが、平日の体感時間を短くするためには、余計な雑念を考えずに授業に集中することが大切です。

もしも「アルバイトに行きたくない」という気持ちが強いのであれば、退職代行サービスで当日に辞めることもできますので、本当に退職したい方だけこちらの記事【退職代行】「辞めるんです。」は当日朝に円満退職できるwをご覧ください。

  • 1日単位で楽しみを設定
  • 授業に集中する
  • 時計を気にしない

以上の3点を意識的に実践して、充実したキャンパスライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました