1週間が過ぎるのを早く感じる方法!「水曜」と「金曜」の上手な使い方

仕事の悩み

1週間が長く感じて悩んでない?

  • 仕事疲れで1週間が長く感じる
  • 1週間があっという間に感じる方法が知りたい
  • 仕事や学校が嫌いなため長く感じる

「1週間はマラソンと同じでペース配分を考える」でお馴染みの群馬俊貴です!

「1週間があっという間に早く過ぎ去って欲しい」おそらく社会人の9割位は毎日のように、心の中で祈っているサラリーマンも多いです。

確かに、平日の1週間は休日と比べて長く感じますし、月曜日の朝は気が重くなってやる気は起きません。

そんな時は、「水曜日」と「金曜日」を上手に使うだけで解決できます。

1週間という限られた時間に対して、曜日ごとに役割を決めることで、体感速度を早めることが出来るんです!

この記事の内容
  • 水曜日はタスクのチェックポイント
  • 金曜日は目標のゴール地点
  • タスクと目標設定が重要なポイント

社会人の方だけでなく、学生の方にも使える方法なので、疲労による曜日感覚を失っている方の全員に向けた記事内容となっています。

仕事や学校など、1週間の平日が恐ろしく長く感じるため、あっという間に早く過ぎ去る対処方法が知りたい方におすすめの記事です。

サクッと読めるので、ぜひ最後まで見てみてくださいっ!

【社会人】パワハラ上司や先輩から言われて傷つく言葉5選と対処法

スポンサーリンク

1週間が過ぎるのを早く感じる方法!

1週間の平日に曜日を持たせるってどういうことなの?

「タスクの締切期限は水曜日に設定する」など曜日ごとに目標を決めることです。

曜日に役割を持たせることのメリットは、曜日感覚を実感することで締め切り期限を守れたり、効率よく仕事を進めることができます。

日々の仕事や学校生活の中で、曜日ごとに役割を決めることで、重要なポイントのみを意識的に取り組むことにより集中力を高めることにも繋がります。

集中力を高める=体感時間を短くする

こんな経験はありませんか?

忙しい朝ほど、準備に追われて時間の流れがあっという間に感じてしまいますが、これは準備に集中しているために体感時間が短く感じているのです。

「水曜」と「金曜」の使い方

曜日の役割分担はどうやって決めればいいの?

「水曜」と「金曜」にタスクの締切期限を設定して、後は適当に決めましょう。

曜日の役割分担は、主にメインの水曜と金曜、引き立て役の月火木となります。

詳しく大まかな流れを説明すると

タスクのチェックポイントである水曜日は、月火で作業しながら水曜へと進みます。
目標の締め切り日である金曜日は、木で最終調整して金曜へと進みます。

これだけの説明では分かりづらいと思いますので、もっと詳しく掘り下げていきます!

水曜日はチェックポイント

社会人の皆さんは仕事でのタスクはあると思いますし、学生の方でも勉強がありますよね。

水曜日は、仕事のタスクや学校の勉強など、タスクのチェックポイントであると考えています。

月曜と火曜で行ってきたタスクを水曜日に向けて終わらせることで、水曜日までの体感時間を短くすることが出来ます。

水曜日までに必ず終わらせることで、水曜日以降のタスクはあったとしても簡単なタスクだけとなるため、無理をしてでも水曜日までにタスクは終わらせましょう。

無理をしてでも水曜日までにタスクを終わらせるために、水曜日はタスクのチェックポイントであると解釈することが重要となります。

金曜日はゴール地点

金曜日は目標のゴール地点となります。

水曜日まではタスク完了を目指していたのに対して、金曜日は1週間を通して目標の達成に向けて目指す曜日となります。

ここで大切なのは、金曜日に設定する目標は大きすぎずに小さな目標を設定することです。

例えば、定時退社が大きな目標であった場合、「昨日より1秒でも早く退社できるように頑張る」といった様に、小さすぎるくらいで丁度良いです。

この場合、体感時間を短くするだけでなく、定時退社という大きな目標も近づくため一石二鳥です。

金曜日の目標で「退社時間を5分短くする」という目標を設定した場合、各曜日1分づつ縮めることが出来れば目標達成といったように、必ず達成できる目標を設定しましょう。

最も重要なのは水曜日

「水曜」と「金曜」では、どっちを重視するべきなの?

水曜日は一週間の折り返し地点のため、水曜日の締切期限が重要です。

1週間をより早く感じるには、水曜日までの体感速度が早いか遅いかで激変します。

仮に、体感速度を短く水曜日を終えることが出来れば、残りは2日だけ乗り切れば良いだけのため、まずは水曜日までタスクに集中して終わらせることが重要になります。

極論を言えば月曜日だけ頑張ることで楽に1週間を乗り切ることが出来ます

月曜だけ頑張ることで、火曜日水曜日の負担を減らせるだけでなく、疲労の基準を高く設定することで「月曜日よりは疲れない」という状況を作り出すことが出来ます。

曜日で役割分担するメリット

では何故、曜日ごとに分担した方が良いのか説明すると、締め切りを設定した方が効率よく仕事に集中することが出来て、仕事に集中できるということは体感時間を短くすることに繋がります。

そこで、締め切り日として1週間の折返し地点である水曜日と、仕事が終わる金曜日に設定するのが効率よくモチベーションを高めながら仕事に集中できます。

メリット

役割分担のメリットは、締め切り日を設けることで仕事にメリハリをつけて集中することで、時間が短く感じることが出来ます。

特に、タスクを水曜日までに終わらせてしまえば、あとは適当に過ごしていれば週末を迎えることが出来ます。

まとめ

1週間が過ぎるのを早く感じる方法は、「水曜日」「金曜日」の締切期限を有効活用して、モチベーションの向上と効率良くタスクを終わらせる方法について解説しました。

現在ブラック企業に働いていて、理不尽な労働環境を強いれられている時には、退職代行サービスの利用も検討してみてください。

退職代行については【退職代行】「辞めるんです。」は当日朝に円満退職できるwの記事で詳しく說明しているので是非ご覧ください。

水曜日は、1週間のチェックポイントでありタスクの締め切り日でもあります。

月曜日に無理をしてでもなるべく多くのタスクをこなすことが出来れば、月曜日以降の疲労を溜めずに水曜日を終えることが出来ます。

金曜日は、1週間のゴール地点として設定したことにより、小さな目標を意識して仕事をすることで、1週間の体感速度を短くすることが出来ます。

小さな目標は、退社時間を1分でも早く縮める程度の目標でもかまいませんので、自分にとってメリットがあるウィンウィンの目標設定がおすすめです。

皆さんも、水曜日と金曜日を上手に使って1週間の体感速度を上げましょう!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました