行動力を身に付ける方法は「言い訳を探さない」

将来の夢を探す

こんにちは、群馬俊貴です!

誰しもが夢や目標があっても実際に行動へ移すのは面倒ですよね。面倒だということは出来ればやりたくないということですから、当然の様に言い訳を考えてしまうものです。直ぐに行動へ移すには、この言い訳を探さないという事が重要になってきます。言い訳を探さないことが、人生でどれくらい大切かということを記事として書いていきます。

スポンサーリンク

行動する上で「言い訳」が不必要な理由

行動する上で言い訳を探さないということがどういうことかというと、言い訳を探してしまうと自分なりに納得が出来てしまい、そこで全てが完結し終了してしまうからです。

例えば、学生時代に体育の授業で鉄棒の逆上がりがあります。逆上がりが出来る人にとっては何の問題もないでしょうが、私を含めて逆上がりがどうしても出来ない人も存在します。そこで考えてしまうのが言い訳です。

「逆上がりが出来ても将来なんにも役に立たない!」

と堂々と言い訳が成立して本当に一生出来ないというよりもやらないのです。

このように言い訳という、やらなくてもいい理由を探してしまうといくら行動に移したところで諦めてしまいますし、目標を達成することは出来ません。

逆上がりとは違う例でも同じことが言えます。

国語の古典や漢文の授業で例えても言い訳を探してしまいます。「日常生活で絶対に使わない」「学校の試験のためにあるような科目」などと探せばいくらだって言い訳はみつかります。

やりたくないからといって、やりたくない理由を探していては、現状置かれているテストで良い点を取るという目標にたどり着くことが出来ません。

このように、自分が置かれている現状をわきまえて物事を考えて、やるべきことをやった上で夢や目標へ近づいていくことが出来ます。

やりたくない理由や言い訳を探さずに、いま自分に出来ることを全力で行うことこそが行動力の本質であると考えています。

行動は理屈で証明出来ないから面白い

なんでもかんでも分析をしてしまい、失敗した時のリスクばかり考えてしまうと言い訳を探す原因となってしまいます。行動は理屈ではないと私は考えていて、行動すれば予想外の結果なんていくらでも出せますし、成り行きに任せるというのは悪いイメージの反面、結果次第では失敗も活かすことが出来ます。

私は、落語家の弟子入り経験がありますが、衝動的に弟子入り志願をしました。そして、一度も断られずに歓迎ムードで弟子入りすることが出来ました。もしも、行動する前に弟子入りの言い訳を考えていたら行動に移せませんでしたし、目標を達成することは出来ませんでした。

この経験からも言えるように、なかなか行動に移すのが難しいという方は、もしかすると言い訳を考えすぎてしまっているかもしれません。

私は、悩むくらいなら行動に移すべきではないとも考えています。行動に移す前に悩むということは、やりたくない理由をさがしているということだからです。言い訳を探しているからこそ悩むという訳なので、悩むくらいなら最初から行動に移すべきではないということです。

行動とは結果論であり、予想など不可能ですので今なにかに悩んでいる方は、やりたくない理由を考えずにどうしたら目標に近づけるかのみ考えましょう。そうすれば自然と行動に移せているはずです。

最低限のリスクは想定しておきましょう!

行動する上で言い訳を探すべきではないと説明してきましたが、最低限のリスクは想定しておきましょう。ここでいうリスクとはマイナス面ではなく、プラスになるリスクを考えます。私の落語家への弟子入りを例に説明していきます。

落語家への弟子入りで想定できるプラスなリスクとして、誰もが経験するわけではないディープな世界を体験出来るということと、落語を学ぶことによって話すのが若干上手くなるかも、といったようにもし失敗をしても、何かしら自分の得になるようなリスクを想定します。

そうすれば、もし行動に移して失敗しても学べることを予め把握している状態なので、行動に移しやすいというメリットがあります。マイナス面のリスクばかり想定してしまっては、本当は得るものがあるはずなのに、「時間を無駄にしたくない」や「もしすぐに辞めてしまったらどうしよう」といったようなことばかり考えてしまい、結果的に行動に移すことは出来なくなってしまいます。

重要なのは、プラス面のリスクのみ想定して、失敗をしても何が得られるかを考えることです。

リスクはマイナスの言葉ではありません!

言い訳を探さずに夢や目標へ近づいていこう!

いかがでしたか。

現在、将来について悩んでいて行動に移せない方は、考えていることを紙に書いて理由を把握しましょう。そこに書いてある理由が、やりたくない理由すなわち言い訳だった場合は黒く塗りつぶして消してしまいましょう。その消した分だけ、失敗した時に得られることを書き足していけば、行動する以外に答えはありません。

行動して、もし失敗したとしても何かしらは自分の得になることですし、もし成功することが出来たら一石二鳥です。今まで行動に移せなかった方は、是非この考え方で行動してみるのをオススメします。この考え方で行動出来なかったとしても、この記事が間違っていたということが分かるので今後に活かすことが出来ます。

では、行動力で夢や目標を掴みとりましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
将来の夢を探す
群馬俊貴をフォローする

マスコミ関係の専門学校を卒業後は某落語家へ弟子入りして、前座見習い弟子として修行する。1年後、落語家を諦めた後、ギターとDTMを独学で学びシンガーソングライターとして活動する。シンガーソングライターとして活動して2年後に、某有名アーティストを担当する音楽関係者からスカウトされる。現在はブロガー,YouTuberとして活動中。

群馬俊貴をフォローする
群馬俊貴ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました