【社会人の副業】未経験でも動画編集スキルを身につけるべき理由

ワーキング

社会人の皆さんの中には、本業の他にも別の副業に挑戦している方も多くいらっしゃると思います。

しかし、自分に合った副業を見つけるのは非常に困難で、仮に自信がある風に見えても半信半疑の状態で挑戦している方が大半だと思います。

副業について悩んでいませんか?「動画編集スキルが身につく方法を知りたい。どんな副業が自分に合っているか分からない。特別なスキルを身につけたいと考えている。」

「副業に挑戦したい!」とただ単に漠然と思っていても、自分に向いている副業が何なのか分からずに悩んでしまう方も多いと思います。

そんな時には、動画編集スキルを身につけることで、自分に合ったさまざまな副業を見つける事が出来る可能性があります。

私のプチ紹介

基本的に副業は「やりたいこと」ではなく「出来る事」から始めるべきで、1つの副業から複数の副業に連鎖していきます。例えば私の場合、ブログに挑戦していますが、より詳しく解説するためにYouTuberとしても活動しています。

自分でやりたいことから選ばずに副業に挑戦することで、別の副業を見つけることが出来ますので、まずは副業のキッカケとして動画編集スキルを学ぶのも重要な選択肢の1つとなります。

この記事で分かること

・動画編集スキルを学んで広がる副業の連鎖

・動画編集代行やブライダル映像編集

・自作動画を投稿してYouTuberデビュー

詳しく知りたい方はスクロール!

スポンサーリンク

動画編集スキルを身につけるべき理由

特に自分に合った副業が見つからない場合、動画編集スキルを学ぶことをおすすめします。

理由は、動画編集は誰でも簡単に学ぶことが出来ますし、とりあえず動画編集スキルを伸ばすことで副業に対する視野が広がる可能性があるからです。

つまり、「得意」を出来るだけ多く増やすことで、「楽しくてやりたいこと」ではなく「自分が得意な事」から副業に挑戦していく意識が必要になります。

動画編集のメリット

動画編集のメリットは、初期投資の少なさと学習時間の短さにあります。

動画編集に挑戦する上で必要になるのが動画編集ソフトで、無料で使えるiMovieやAviUtlもありますが、有料でも高くて3万円ほどで購入することが出来るので、有料の動画ソフトでも初期投資としては安い部類ではないでしょうか。

学習時間が短いのも特徴で、1ヶ月間徹底的に学ぶことでそれなりのクオリティの動画編集スキルを養うことができます。副業だけでなく色々な場面で役に立つため、持っていることに越したことがないスキルだと思います。

動画編集のデメリット

手軽に誰でも始められるために、多くのライバルが存在していることを忘れてはいけません。

今はYouTubeに動画を投稿するYouTuberも自分自身で動画編集できる時代で、動画編集スキルを伸ばして動画編集のビジネスを始める場合、多くのライバルと競争することになります。

動画編集するにはかなりの労力と時間を要するため、動画編集が楽しいと思える人でないと続きません。無理矢理にでも「動画編集で困っている人を助ける」などやりがいを持つ事で改善できます。

動画編集代行やブライダル映像編集

動画編集スキルを学んだら小規模でも構いませんので、動画編集で1円でも多く収入を得ましょう。

動画編集スキルで、YouTuberの動画編集代行を受注したり、思い出のブライダル映像編集を受注したり、とにかく自分が進みたい道とリンクさせることが重要です。

バラエティー色の強い動画編集がしたいのであればYouTuberから仕事を受注するべきですし、誰かの思い出に残る作品を作りたい方はブライダル映像編集の仕事を受注しましょう。

現在では ココナラ の様に個人のスキルを販売することも出来るため、動画編集スキルを学んだ段階で、まずは1円でも多く収益を得ましょう。

外注化で法人化も可能

動画編集のビジネスは、駆け出しであれば基本的に個人で活動していくことになりますが、抱える仕事が増えるほど、動画編集をさらに別の人に依頼することも出来ます。

また、法人化して社員を雇うなどすれば法人化として成り立ってしまうため、動画編集が波乗っている今だからこそ、「今からでは遅い」と思わずにまずは動画編集スキルを学ぶ事が大切になります。

編集に飽きたとしても動画編集スキルは一生モノ!

自作動画でYouTuberデビュー

動画編集スキルを身につけることが出来れば、趣味程度の範囲でYouTuberデビューすることができます。

例えば、動画編集のノウハウを教える動画であったり、個人的な体験談を語る動画でも構いません。とにかく、動画編集できるスキルを持ち合わせているため、気分転換にYouTuberデビューしてあわよくば広告収入も得ることが出来ます。

動画編集スキルを身につけているため、周りの駆け出しYouTuberと比べて編集のクオリティで差を付けることが出来ますので、動画編集スキルを身につけるのであれば、練習がてらにでも始めてみてはいかがでしょうか。

副業のサブ的な存在

YouTuberの収入は、基本的に広告収入となり、ビジネス色は薄いですが「困っている人を助ける」ことができるビジネスです。

しかし、投稿動画がある程度多くないと再生されなかったり、収入を得るまでに時間を要するために、まずはメインの動画編集の気分転換など、副業の副業的な位置づけで行うのが得策ではないかなと思います。

まとめ

動画編集スキルは身につけておいて損はない、手軽に始められるために副業としては最適です。

メリットは初期投資と学習時間が少ないため気軽に学べることデメリットは誰でも気軽に学べるためライバルが多く存在していることです。

動画編集スキルを身につけることが出来れば、YouTuberの動画編集代行やブライダル映像編集などの仕事を受注できるようになるため、副業として成立するようになります。

また、仕事の量が増えた場合には外注化したり、社員を雇うことで法人化することもできたり、将来的に不労所得に近いビジネスを行うことが出来ます。

動画編集スキルを利用してYouTuberデビューもおすすめで、駆け出しのYouTuberと比べて動画編集スキルが勝っているため、有利な状況で広告収入を得ることができる可能性があります。

副業のサブ的な位置づけで動画編集の気分転換を含めて、YouTuberデビューしてみるのも大変おすすめです。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました