【体験談】「顔出し配信の悩み」ヴィジュアル系メイクで解決する訳

エクスペリエンス

顔出し配信について悩んでない?

  • 顔出し配信したいけど恥ずかしい
  • 自分の顔に自身が無い
  • 友達にバレるのが怖い

「ヴィジュアル系メイクで顔出し配信のハードルを下げる」でお馴染みの群馬俊貴です!

YouTubeなどインターネット上で顔出し配信をしてみたいけど、自分の顔に自身が持てなかったり、家族や友達にバレるのが怖いからできないと悩む方も多いです。

私自身、今でこそブログやYouTubeで顔出しで情報発信をしていますが、学生時代はクラスメイトの前で発言するのも恥ずかしいくらい重度のあがり症でした。

私は、専門学校生だった20歳まで、人前に出ると緊張してしまうほど「あがり症」であり、落語家の弟子入り修行や音楽活動でのV系メイクを通して克服していきました。

顔出しで動画配信しようと決心した時に、自分の顔に自身がないからといって迷うことはナンセンスな考え方ですし、日本独特の誤った価値観です。

この記事の内容
  • 顔出し配信はヴィジュアル系メイクで解決できる
  • ヴィジュアル系メイクで得られるメリット
  • 顔バレした時の言い訳にも最適である
スポンサーリンク

「顔出し配信」V系メイクで解決できる訳

自分自身の顔に自身がなかったり、友達や知り合いにバレるのが怖いからといって顔出し配信を諦めるのは、言い訳を探している状態に等しいです。

よく耳にする参考にするべきでないアドバイスとして、「本当にやりたいなら、他人にどう思われようが顔出し配信すればいいじゃん」などと、突き放したアドバイスも多く見受けられますが、最もおすすめする方法は、ヴィジュアル系メイクで顔出し配信のハードルを下げることです。

ヴィジュアル系メイクで顔出し配信に対する免疫をつけることができます。

なぜV系メイクで解決?

V系メイクで解決できる訳
  • 「自分の顔」ではない安心感がある
  • 派手なメイクで「別の顔」のため自己嫌悪を防ぐ
  • 友達や知り合いに顔バレのリスクを減らせる

V系メイクで顔出し配信をすることで、上記3点のリスク管理によって、顔出し配信での悩みを解決することが出来ます。

「自分の顔」ではない安心感

顔出し配信したくない理由として代表的なのは、ただ単純に自分の顔に対する他人からの評価が怖くて迷っている方が大半です。

例えば、「顔出し配信なんてナルシスト」「自分のことを可愛いと思っている」といったように、容姿ありきでしか物事を判断できない視聴者の意見が弊害となります。

V系メイクをすることで、「自分の顔だけど自分の顔ではない」というリスクヘッジを作り出すことができ、批判されたとしてもV系メイクをしているから自分が批判されている訳ではない安心感があります。

「別の顔」で自己嫌悪を防ぐ

V系メイクといえば、舞台メイクにも近い派手で濃いメイクの場合が多く、元の顔の原型がない顔を演出することで、自己嫌悪に陥りやすい感情を防ぐことに繋がります。

「もっと美形だったら派手なメイクしなくてもいいのに」などと悲観的になることなく、派手すぎるV系メイクだからこそ、歌舞伎役者の様に全く別の顔と割り切ることができるのです。

舞台用のメイクと割り切ることができれば、自己嫌悪にならずに、他社からの批判も受けること無く自由に表現することができます。

顔バレのリスクを減らす

V系メイクでは、上記でも言ったとおり元々の顔が分からないくらい派手にメイクするため、家族や友達、知り合いなどに顔バレ身バレするリスクを最低ラインまで下げることができます。

元々の顔が分からないくらいアイラインを濃くしたり、ファンデーションを厚塗りしたりなど、自分が表現したい顔も作れて、顔バレや身バレも防げるため一石二鳥の効果も期待できます。

顔バレ身バレするリスクがなければ、普段と違ったキャラクターを演じたとしても堂々と振る舞い自由な演出することが可能です。

V系メイクで得られるメリット

V系メイクは、顔出し配信に対する悩みを解決するだけでなく、その他にも多くのメリットを得ることが出来ます。

理想の顔を作ることで自分に自身が持てたり、キャラクターを演じることでコミュニケーションの向上、メイクの技術が向上して芸術のセンスが高まるといったメリットが得られます。

V系メイクで得られるメリット
  • 自分に自信を持つことが出来る
  • コミュケーション能力の向上
  • メイクの技術力が向上

自分に自信が持てる

V系メイクは、出来るだけ見栄えの良い濃くて派手なメイクが必須のため、基本的にどんな顔立ちの方でもより美しく変化させることを目的としています。

現代で例えると、TikTokなど自分の顔を加工するアプリと同じで、より美しい顔に変化させることで、自信を持って顔出し配信が出来るようになります。

将来的に、素顔で顔出し配信したい方が肩慣らしにV系メイクから始めてみるのはおすすめの手段あり、V系メイクで顔出し配信に慣れていくことが重要です。

コミュ力の向上

コミュニケーションが苦手である理由として、「自分の顔に自信が無い」という方も多いですが、V系メイクで自分の顔に自信が持てることにより、コミュニケーション能力の向上させる効果も期待できます。

V系メイクでは、普段の性格が暗い方でもメイク次第で明るい性格になる場合もあり、いつの間にか素の自分の性格にも好影響をもたらすことも多いです。

コミュニケーション能力が向上すれば、人脈が増えることにも繋がり、自分にとってビジネスチャンスや将来の進むべき道を明確にするというメリットも得られます。

メイクの技術力が向上

V系メイクといっても、初めから完璧にこなせる方はいませんし、初めのうちは見様見真似からスタートすることになります。

私自身、始めの頃はV系メイクに興味がなく右も左も分かりませんでしたが、生配信アプリを通して、経験者に質問をして実践を繰り返した結果、メイクの技術力が向上しました。

普段の日常生活でメイクをする機会が多い女性にとっては嬉しいメリットでもあります。

顔バレした時の言い訳にも使えます!

V系メイクをしていたにも関わらず、仮に顔バレしてしまったとしても、V系メイクは理にかなった言い訳としても利用することができます。

顔バレ時に使える言い訳
  • 自分の顔に自身が無いからV系メイクしている
  • V系メイクしてるからこそ自身を持って配信できている
  • 「自分ではない」を貫き通すことができる

この様に、仮に顔バレしてしまったとしても、最悪「自分じゃない」と言い逃れることも可能であるため、知り合いにバレたくないという場合は、お面などを被るよりは楽しく顔出し配信できます。

V系メイクのデメリット

V系メイクのメリットばかり説明していきましたが、もちろんデメリットも少ないながらも存在します。

派手なメイクをするために時間がかかってしまうため、作業効率が低下することにより、顔出し配信の継続を辞めてしまう恐れがあることです。

デメリット

敏感肌の方の場合、撮影の間は派手な厚塗りメイクをするため、肌に負担がかかり肌荒れしやすくなってしまいます。

私は敏感肌のため、派手なメイクをしてしまうと肌が荒れてしまい、「顔出し配信」と「肌荒れ」を天秤にかけてサボってしまった日もありました。

そんな時に出会ったのが、24hコスメミネラルパウダーファンデーションです。

石鹸で落ちて、肌に有効な成分も入ってるから付けるだけで美肌になり、男女共におすすめしたいファンデーションとなります。

V系メイクで顔出し配信を行うことで、顔バレのリスクを減らして、顔出しが恥ずかしい方でも堂々と顔出し配信することが出来ます。

V系メイクで顔出し配信を行うことで得られるメリットは

  • 自身が持てる
  • コミュ力の向上
  • メイク技術の向上

であり、その他にも顔バレ身バレした時のリスクヘッジとして、「自分ではない」と言い逃れることもできます。

V系メイクのデメリットは、メイクをするのに時間がかかってしまうため、作業効率が低下してしうことと、敏感肌の方が厚化粧することによる肌荒れです。

今回ご紹介した24hコスメミネラルパウダーファンデーションを使用して、男女問わず楽しい顔出し配信ライフを送りましょう。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました