欲望に優先順位を付ける「無人島のサバイバル思考」で節約できる訳

ワーキング

節約について悩んでいませんか?

  • 娯楽費や衣服代を節約したいけど我慢できない
  • 禁酒や禁煙に取り組みたいけど欲望に負けてしまう
  • 毎月の支出が多くぎて貯金ができない

「無人島生活で欲望に優先順位を付ける」でお馴染みの群馬俊貴です!

「貯金したいから節約しよう」と決心しても、毎月の給料から、娯楽費や衣服費、または禁酒や禁煙など、節約したいけど欲望に負けてしまう方は多いです。

生活習慣の中でルーティン化してしまっている行動を、突然変化させるのもストレスが溜まり、健康的にも良い行動とは言えません。

この記事を読むべき人
  • 節約したいけど出来ない
  • 禁酒や禁煙したいけど欲望に負ける
  • 給料日になると浪費してしまう

節約できない問題の根本である、欲望の優先順位から改善するために、「どうして欲望に負けてしまうのか」原因を明確にすることが重要です。

欲望の弱点を解消することができれば、欲望をコントロールすることにより、無駄な出費を抑えれて貯金することができます。

この記事の内容
  • 生理的欲求と承認欲求
  • 「無人島のサバイバル生活」から学べるマインド
  • 欲望に優先順位をつけて節約できる

詳しくはスクロール!

スポンサーリンク

欲望に優先順位を付ける「無人島のサバイバル思考」

節約をしたいけど給料日になると浪費してしまう方も多いですが、欲望に優先順位を付けることで改善することができます。

現代では、インターネットを中心とした情報で満ち溢れている便利な社会のため、スマホの中に欲望が満ちあふれています。

無人島でのサバイバル生活では、便利な物は皆無で、家や道具も自分達で作らなければなりません。

無人島生活のマインドを習得すれば、欲望に優先順位を付けることにより、必要と不要な物の判断できるようになります。

なぜ欲望に負けてしまうのか?

「お洒落なファッションを楽しみたい」「美味しい食べ物が食べたい」といった様に、なぜ人間は欲望を我慢できずに負けてしまうのでしょうか。

欲望に負けてしまう理由は、「我慢できない物に対して依存している可能性」があり、欲望を我慢せず本能に従うことで脳が幸福を記憶しているからです。

脳が幸福を覚えているということは、無意識のうちに欲望に対して貪欲に生きていることになり、欲望を我慢しないということは浪費により節約が出来ない負のスパイラルに陥っています。

「欲望を我慢しなければ幸福になる」と脳が指示を出している状態のため、欲望に対して意識的に制限しなければ欲望に支配される生活となってしまうのです。

生理的欲求と承認欲求

人間の欲望には2種類あり、生きるために必要な「生理的欲求」、より良く自分を見せたい「承認欲求」のどちらかに分類することができます。

  • 「生理的欲求」とは、代表的な3大欲求に加えて、呼吸や排泄などもこれに当てはまります。
  • 「承認欲求」とは、ファッションやメイクなど自分をより良く見せたい欲望であり、浪費の原因になりやすい欲望です。

生理的欲求は生きていくために必要な欲望であるのに対して、承認欲求や物欲などは無くても困らないということが重要です。

生理的欲求を満たすものにお金をかけて、承認欲求を満たすものを節約するだけで、資産が貯まるだけでなく生活の満足度も向上します。

自分の支出の割合が大きいのが「生理的欲求」を満たすものなのか、「承認欲求」を満たすものなのか、自分の欲求を把握して必要か不必要か見極めることが重要になります。

「無人島のサバイバル生活」のマインド

例えば、今からあなたは無人島で生活をすることになり、無人島には承認欲求を満たすものや便利な道具を持ち込む事はできません。

スマホもPCも、普段は読まない本でさえも無く、ファッションやメイクを楽しむことも、音楽や映画を見ることもできないため、満たせる欲望は必然的に「生理的欲求」のみとなります。

「お腹が空いたら魚や木の実を食べる」「眠くなったら洞窟で眠る」といったように、人間が生命の存続のために必要な欲求は、本来人間が最も求めている欲望でもあります。

現実世界に話を戻して、普段の生活でも「生理的欲求」のみで満足することが出来れば、「承認欲求」など必要も無く、幸福度を維持または高めながら節約することが出来ます。

自分の欲望に優先順位を付ける

生理的欲求を優先するメリットについて説明してきましたが、節約する上で重要なのは「自分に適した最も幸福が感じられる欲望」を把握することです。

「衣服やメイクなどのファッションの欲望が強い場合は衣服代を優先して」「美味しい料理を食べることで幸福が得られるのであれば食費を優先する」といった様に、自分の欲望に優先順位を付けて1位の欲望のみ優先することが重要です。

自分の欲望に優先順位を付けることで、優先する欲望以外の欲望にかかる費用を削減することにより節約高価に繋がります。

自分の欲望の中で、2位や3位であるイマイチな欲望を優先してしまうと、あまり幸福感を得ることができません。

複数の欲望を満たしてしまうと、浪費の原因になるだけでな全て欲望を満たすことができないため、1位の欲望を優先する必要があります。

まとめ

人間の欲望には、睡眠など生活するための欲望である「生理的欲求」や、ファッションやメイクなど自分をより良く見せたい「承認欲求」などがあり、生理的欲求を優先することで節約することができます。

まとめ
  • 生理的欲求を優先して幸福度を上げる
  • 自分の欲望の1位のみを優先する
  • 欲望をコントロールすることが重要

無人島でのサバイバル生活をした場合、おそらく多くの方が生理的欲求を満たすだけで満足出来るため、現在の暮らしに置き換えれば節約しながら幸福感も得ることができます。

無人島でのサバイバル生活の思考を習得することができれば、浪費を防ぐことが出来るだけでなく、禁酒や禁煙にも繋がることで健康状態も良くなるメリットがあります。

自分の欲望を優先順位を付けることも重要であり、もしも自分の優先順位の1位が「衣服を購入してファッションを楽しむ」ことの場合、優先すべき欲望なのは「衣服代」となります。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました