ビーフジャーキーはダイエットに効果的?美容効果で一石二鳥!

ワーキング

どうも!ビーフジャーキーでお馴染みの群馬俊貴です。
今回のテーマは「ビーフジャーキーのダイエット効果」です!

コンビニやスーパーなどで、手軽に手に入れる事が出来るビーフジャーキーですが、ダイエット効果があるって知っていましたか?

おつまみとしても最適であるビーフジャーキーですが、ダイエット効果に加えて美容効果もあります。

ビーフジャーキーを食べて、美味しく楽しくダイエット効果や美容効果を得ることが出来れば一石二鳥です。

では、ビーフジャーキーのダイエット効果と美容効果について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ビーフジャーキーはダイエットに効果的?

世の中には、○○ダイエットという流行が毎年の様に訪れますが、ビーフジャーキーのダイエット効果も密かにブームになりつつあります。

しかし、科学的な根拠はいまだない状態ですので、あくまでも参考程度にとどめておいてください。

では、ビーフジャーキーが何故ダイエットに最適であるか詳しく説明していきます。

低カロリーのおやつタイム

一日の中で、ついついお菓子などを食べすぎて間食が多い時に気になるのがカロリーです。

チョコレートやポテトチップスなどのお菓子は、カロリーが高いためダイエットには不向きです。

そこで登場するのがビーフジャーキーです。

毎日の間食をビーフジャーキーに変えることで、カロリーを抑えて結果的にダイエットへと繋がります。

では、それぞれのカロリーを見ていきましょう。

おやつカロリー早見表(100g)
  • チョコレート…546カロリー
  • ポテトチップス…536カロリー
  • ポッキー…506カロリー
  • カップラーメン…448カロリー
  • ビーフジャーキー・・・315カロリー

この様に、他のおやつと比べても低カロリーですので、チョコレートやポテトチップスを食べるよりは効果を実感出来ると思います。

糖質も少なく肥満防止

ビーフジャーキーは糖質も少ないというメリットがあります。

糖質の摂りすぎると、中性脂肪となり肥満の原因になってしまいます。

ビーフジャーキーに含まれる糖質は6g程度。

では、おやつ糖質早見表で比べてみましょう。

おやつ糖質早見表
  • チョコレート…48グラム
  • ポテトチップス…0.2グラム
  • ポッキー…67グラム
  • カップラーメン…60グラム
  • ビーフジャーキー・・・6グラム

ポテトチップスがダントツで少ないように感じてしまうかもしれませんがカロリーは高いため、総合的に判断すると、ビーフジャーキーがカロリーも糖質も少ないと言えます。

少量で得られる満足感

お菓子は1つ1つが小いため、次々に口へと運んでしまいがちですよね。

それに比べてビーフジャーキーは、一つ一つが分厚く食べごたえがあり、少量でも満足感を得ることが出来て間食を抑える働きをします。

また、噛む回数が最も重要で、ビーフジャーキーは分厚いため何度も良く噛んで食べるため満足感が得られます。

チョコレートやポテトチップスは、噛む回数も少ないため中々満足感を得ることが出来ずに食べすぎてしまいます。おやつに限った話ではありませんが、「良く噛んで食べる」ことは、より早い段階で満足感を得る上で大切で、ダイエットをする上で気をつけなければならないポイントでもあります。

ビーフジャーキーによる美容効果

ビーフジャーキーのダイエット効果があることはお分かりいただけたかと思いますが、次に美容効果について説明していきたいと思います。

ビーフジャーキーには主に3つの美容効果が存在しています。

ビーフジャーキー美容効果
  • 咀嚼回数による小顔効果
  • 唾液を分泌して虫歯予防
  • 牛赤身肉の美肌効果

では、それぞれの美容効果について説明していきたいと思います。

咀嚼回数による小顔効果

スルメやガムについても同じことが言えるのですが、基本的に顎は硬いものを噛んで鍛えることができます。

これらの咀嚼回数を30回という目安を設定することで顎を鍛えて小顔になることが出来ます。

普段使わない筋肉を使うことで、ただし成長期が過ぎている場合は劇的な変化を得るのは難しいため、過度な期待や噛みすぎない様に注意しましょう。

適度な咀嚼回数で、健康的に顎のラインをスッキリさせましょう。

唾液を分泌して虫歯予防

虫歯を予防するには、唾液の分泌が最も重要です。

よく噛むことにより唾液を分泌して、食べかすや細菌を洗い流すことが出来ます。

咀嚼回数を意識的に増やすことで、上記でも説明した小顔効果だけではなく虫歯も予防することが出来ます。

牛赤身肉の美肌効果

ビーフジャーキーの原料である牛赤身肉は、身体に良い成分であるタンパク質、鉄、ビタミンBなどが入っていて、身体を健康に保つことが出来ます。

牛肉の部位の中でオススメなのが、ヒレ肉やモモ肉で栄養価が高く、亜鉛や鉄も入っております。

赤身肉を食べると新陳代謝を活性化させて亜鉛や鉄、ビタミンB群を摂取する事ができます。

また、悪玉コレステロールも下げる効果もありますので、心筋梗塞などの病気を予防するのにもおすすめです。

ビーフジャーキーで美味しく健康的な毎日を!

ビーフジャーキーのダイエット効果と美容効果について説明してきましが、いかがでしたでしょうか。

普段のおやつをビーフジャーキーに変えるだけで、少しの変化ではありますがカロリーと糖質を抑えることが出来ます。

また、お菓子に比べて咀嚼回数も増えるため、少量でも満足感を得ることができて無駄な間食を控えることが出来ます。

咀嚼回数を増やすことで、小顔効果や虫歯予防にも繋がります。

ビーフジャーキーを食べる際は良く噛むことを意識的に行うことが重要です。

1つだけ気をつけるべきポイントは、塩分も含まれておりますので食べすぎには注意してください。

これはビーフジャーキーに限った話ではなく、なんでも食べすぎると体にとって必要のないものとなり体外や中性脂肪となってしまいます。

お酒のおつまみとして男性がビーフジャーキーを食べるイメージがあると思いますが、女性こそ積極的に摂取して美味しく健康的な毎日をおくりましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました