あなたの言動や服装を真似する人の対処方法は「褒めて認めてあげる」

ワーキング

「群集心理でレジに並ぶ」でお馴染みの群馬俊貴です!

皆さんの周りに、言動や服装を真似してくる人はいらっしゃいませんか?

こんな悩みはありませんか?「自分の言動や服装を真似されてイライラしている。すぐ他人の真似する人の対処方法が知りたい。真似する人の心理が分からない。」

自分の言動やお気に入りのファッションを真似されてしまうと、イライラするだけでなく人間関係も悪くなってしまいます。

人間関係は、良好に保ちながら解決することに越したことはないと思いますので、真似されることでイライラしてしまう原因を把握した上で対処していくことが大切です。

この記事の内容

・言動や服装を真似する人の心理

・真似する人の対処方法

・真似されるとイライラする原因

それでは詳しく説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

真似する人の対処方法は「褒めて認めてあげる」

芸能人の真似は誰しも経験があると思いますが、自分が真似される対象となれば話は変わります。

自分が好きなブランドのファッションが、いとも簡単に真似されてしまえば、せっかく自分で見つけたにも関わらず真似した側と誤解される理不尽なケースもあります。

真似する人の対処方法を実行する前に、なぜ他人の真似をする人が存在しているのか「真似する人の心理」を把握することが重要となります。

真似してしまう理由を明確に把握することが出来れば、イライラの原因も解消されるかもしれませんし、人間関係を良好に保ちながら対処していくことができます。

真似する人の心理とは

真似する人の心理は、「同調・憧れ・内面化」の3種類に分類することができます。

同調

仲間はずれになりたくない、周りで流行っているからと言ったように、周りに合わせることで安心感を得たいというのが特徴です。

憧れ

芸能人や尊敬している人のファッションなどを真似することで、「自分も憧れの理想になれるのではないか?」と疑問を抱きエスカレートするのが特徴です。

内面化

真似を繰り返すうちに自分がオリジナルであると錯覚をしてしまい、「真似をしているからお洒落」というのを「自分自身がお洒落である」と都合の良い風に解釈してしまいます。

この3種類のうち、真似する人がどの種類なのか見極めることが大切です。

対処方法は「褒めて認めてあげる」

真似する人というのは、自分に芯が無くオリジナリティが発展途上である場合が多いと考えています。

自分の存在価値を認めてほしいから真似をすることで安心感を求めているので、もしも真似されて不快だと思うのであれば「褒めて認めてあげる」ことで対処できます。

誰しも初めからオリジナリティを持っていた訳ではないというのを念頭に置いた上で、余裕を持った対応が必要になります。

イライラの原因

真似されてイライラしてしまう方も多いとは思いますが、なぜ真似されるとイライラしてしまうのか説明していきます。

おそらく、真似する人の心理の種類でいうと「内面化」に対してイライラしてしまう方が多いのではないでしょうか。

真似をしているのにも関わらず、自らが考えたオリジナルと嘘を言い張る姿を見た時に、イライラしない人はこの世の中に存在しないと思います。

真似していることを認めてもらえれば問題ありませんが、大抵の場合プライドが作用してか真似をしていても認めることはありません。

内面化の対処方法は、自分自身が変化していくことが大切です。ファッションで例えれば、1つのジャンルに固定せずに幅広いジャンルのファッションを着こなすことで、真似する側は追いつけなくなるという方法です。

例えば、和テイストのファッションが真似されたらストリート系など、真逆のジャンルを着こなすことで自分自身のファッションの幅も広がるため一石二鳥です。

基本的には「憧れている」

基本的に真似されるということは、どんなに取り繕うとしても「あなたに憧れているから」です。

あなたと同じ言動をしたい、あなたと同じファッションを着こなしたい、全てがあなたへの憧れからの真似であるため、イライラしてしまうのではなく余裕の対応を見せることで緩和されるかもしれません。

自分と同じファッションを真似されたとしたら、「その服似合ってるね」「こういう着こなしもあるんだ」など、相手の存在価値を高めることで人間関係を良好に保ちながら対処することができます。

まとめ

誰しも真似されて良い思いをする人はいらっしゃらないと思います。

真似する人の心理は「同調・憧れ・内面化」の3種類に分類することができます。

真似をする人というのはオリジナリティが発展途上のため、真似をして成長している段階です。

過去の自分を思い返してみても、芸能人を含めて誰かの真似をして生きてきませんでしたでしょうか?

真似をした回数だけオリジナリティが身につきますので、真似された際は余裕を持った対応をすることで、人間関係を良好に保ちながら解消することができます。

1番効果的な対処方法は「褒めて認めてあげる」ことで、相手の存在価値を認めた上で自分自身は変わり続けることです。

真似する人の心理や、イライラした際の原因を把握することが大切です。

皆さんも、真似する人を上手く対処してストレスフリーな毎日を送りましょう!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました