【体験談】芸能マネージャーを目指すなら4年制大学へ進学しよう!

体験談

「芸能マネージャーを目指す」でお馴染みの群馬俊貴です!

芸能マネージャーを目指そうとしている場合、4年制の大学へ進学するべきか、それとも芸能の専門学校へ進学するべきか悩んでいる方も多いと思います。

進学について悩んでいませんか?「F ラン大学に進学するくらいなら専門学校の方が良い?」「大手芸能プロダクションは有名な大学しか採用されない?」

特に、㈱ホリプロや吉本興業㈱など大手芸能プロダクションに就職したいと考えている皆さんは、中途半端な大学へ行くよりは、芸能の専門学校に進学したほうが良いのではないかと心配されているかもしれません。

この記事で分かること

・芸能マネージャーを目指すには4年制大学へ進学するべき理由

・芸能プロダクションの就活に必要なスキル

大学に進学しても、専門学校に進学しても、数年は要するため慎重に選びたいですよね。

そこで、私が実際に体験した記憶を頼りに、大学へ進学した方が良い理由を説明していきます。

私は高校卒業後、芸能マネージャーを目指して、都内某所の芸能マネージャーの専門学校へ通い、芸能プロダクションへの就職活動で最終面接まで残った経験があります。(最終的には挫折して落語家の弟子になりましたが...笑)

それでは、詳しく説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

芸能マネージャーは4年制大学へ進学

芸能マネージャーを目指す場合、4年制大学専門学校で悩むかと思いますが、結論を言うと4年制大学へ進学する1択だと思います。

私は芸能マネージャーの専門学校に在学していましたが、授業の多くがインターネットで調べれば学べるのと、PCの授業が多かったため、同級生の多くが「大学に進学すればよかった」と言っていました。

芸能マネージャーの専門学校の授業について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

それでは、どうして4年制大学へ進学するべきなのか、具体的な理由を説明していきます。

どうして4年制大学へ進学?

芸能マネージャーを目指す場合、4年制大学へ進学するべき理由は、就職活動の幅を広げるためです。

専門学校は基本的に新卒での採用は皆無で、エントリーしたとしてもまず受からず、中途採用がメインの採用方法となります。

大卒であれば新卒や中途採用を含めて、幅広く就職活動することが出来ます。

また、大手芸能事務所の場合、大卒でないだけで書類審査も通過できなかったりと、大卒と専門学校卒とでは、芸能プロダクションへの就職の難易度が変わります。

体験談

私は知り合いのコネクションで、大手芸能プロダクションの書類審査を通過することが出来ましたが、大卒でなかったために結果的に不採用となりました。

この様に、知り合いのコネクションでも、専門学校卒というだけで落とされる学歴社会のため、一般教養があるという証明のためにも4大卒は必須となります。

就職活動で必要なスキル

芸能マネージャーの就職で必要なスキルを紹介します。

車の運転技術、都内近郊の地理、コミュニケーション能力、大卒程度の教養、基本的なPCスキル、愚痴聞き、我慢強さ、ユーモアあふれる独創的な考え

上記で紹介してきた大卒に加えて、車の運転や都内近郊の地理、コミュニケーションスキルは就活する上で大きなアピールポイントになります。

特に、ユーモアあふれる独創的な考えは、タレントをプロデュースしていく上で1番と言ってもいいほど重要なスキルになります。

そのため、就職活動までの大学生活では、海外留学などたくさんの経験をして、経験値を積み上げていく必要があります。

まとめ

芸能マネージャーを目指していて、大学か専門学校でまよっているのであれば、就職活動の幅を広げるためにも、とりあえずマスコミ系の大学へ進学するべきだと思います。

専門学校に進学しても、結局はインターネットで調べれば学べる知識やノウハウですし、採用方法は中途採用に申し込む形になります。

大手芸能プロダクションを目指しているのであれば、4大卒から新卒採用を目指すのが近道です。

専門学校から中途採用の場合小規模の芸能プロダクションで数年間は経験を積んだ後、大手に再度就職活動する必要があります。

芸能マネージャーを目指されている方の中で、大学卒か専門学校卒で悩んでいる方がいるのであれば、大学へ進学してより多くの経験を積むほうが効率的で良い結果を残せるのではないかと思います。

芸能マネージャーはやりがいのある仕事だと思いますので、素晴らしい夢を目指して突き進みましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました