「火曜日はやる気が出ない」優先順位の高いタスクを片付ける曜日

火曜日仕事の悩み

「火曜日は嫌いな曜日ランキング2位」でお馴染みの群馬俊貴です!

今回のテーマは「火曜日は優先順位の高いタスクを片付ける曜日」だヨ

社会人にとって火曜日は憂鬱な曜日の1つであり、とある調査では嫌いな曜日ランキング2位にランクインするほど、火曜日が嫌いな方も多いです。

火曜日は、土日まで火水木金と4日間もあり、先を想像してしまうとモチベーションも保てなくなって、嫌悪感だけが頭を悩ませる状態になってしまいます。

火曜日が憂鬱で悩んでいませんか?

  • 1週間が長く感じてしまう
  • まだ火曜日かと思うと憂鬱になる
  • 1週間が長くてモチベーションが保てない

火曜日は別名「優先順位の高いタスクを片付ける曜日」です!

1週間の曜日に役割分担を持たせることで、効率良く仕事を片付けて、できるだけ疲労をためずに土日を充実させることができます。

1週間の中でも優先順位の高いタスクの締切期限を水曜日に設定して、火曜日は多少は残業する覚悟で集中的にタスクを終わらせることが重要です。

火曜日にタスクを殆ど片付けてしまえば、水曜日はタスクの確認と修正だけして定時退社することができます。

【社会人】憂鬱な1週間を乗り切る方法を曜日ごとに解説!

この記事でわかること
  • タスクに優先順位をつけて締切期限を決める
  • 火曜日は残業してでもタスクを片付ける
  • 水曜日に定時退社できる環境作り

詳しくはスクロール!

スポンサーリンク

火曜日は優先順位の高いタスクを片付ける

火曜日は、水曜日を締め切り期限とした優先順位の高いタスクを片付ける曜日です。

優先順位の高いタスクは業務量も多いため、火曜日は残業する覚悟でタスクを片付けて、水曜日には定時退社できる様な環境を作ることが重要です。

タスクに優先順位を付け締切期限を決める

上司から仕事を任された、または自発的にタスクを作った時に大切なのは、タスクに優先順位を付けて締切期限を設定することです。

「このタスク重要だからできるだけ早めに終わらせたい」「重要度が低いから余裕を持って終わらせられるタスク」といったようにタスクに優先順位をつけます。

優先順位が高いタスクは早い段階の水曜日、優先順位の低いタスクは余裕のある金曜日というように、1週間の中で締切曜日を2日設定することが大切です。

タスクに優先順位を付けて、締切期限を1週間で2日設定することにより、効率良くタスクを片付けることができます。

【社会人】仕事の締め切りは「フレーミング効果」で管理できる理由

火曜日は残業してでもタスクを片付ける

火曜日は、多少は無理をして残業をしてでもタスクを片付けることが大切です。

「火曜日は優先順位の高いタスクを終わらせる曜日」と決めることで、水曜日はタスクの確認だけで定時退社できるだけでなく、1週間の後半の疲労を抑えることができます。

ポイントは、1週間の中でも前半に力を注ぎ、金曜日にかけて疲労を溜めずに定時退社を心がけて、土日はプライベートを充実させるのが最もおすすめなルーティーンです。

火曜日は、疲労のことは考えずに、将来的に土日を楽しむためにも多少は無理をしてタスクを片付ける必要があります。

水曜日に定時退社できる環境づくり

1週間を楽に乗り切るために最も重要なのは、1週間の中でも折り返し地点にあたる水曜日にできるだけ定時退社できる環境を作ることができるか否かです。

水曜日に定時退社するためにも、優先順位の高いタスクは火曜日のうちに片付けてしまったり、その他の雑務も可能な限り火曜日に終わらせておく必要があります。

水曜日の締切期限までの過ごし方によって、土日のプライベート時間を充実に過ごすか、ゴロゴロして疲労を次週に持ち込んでしまうかが分かれます。

1週間を楽に乗り切るためには、火曜日までに重要なタスクを終わらせて、どうしたら水曜日を楽に乗り切れるか考える必要があります。

「休日に寝すぎてゴロゴロしてしまう人」は仕事中にサボる事で改善

まとめ

退職代行サービスもおすすめ!

「今の職場に耐えられない!」今すぐに職場を辞めたい時には、退職代行サービスがおすすめ!

「退職代行サービス」とは、残業や未払金、パワハラなどの職場問題を、専門の弁護士が相談に乗り、職場へ退職を伝えてくれるサービスです。

今すぐに退職したい方はこちらの記事をご覧ください→【おすすめ】私も当日退職できました!「退職代行サービス」の一覧

1週間を楽に乗り切るためには、優先順位の高いタスクを火曜日に片付けて、折り返し地点である水曜日は定時退社で疲労を溜めないことが重要です。

  • タスクに優先順位を付けて締切期限を設定
  • 火曜日は残業をしてでもタスクを片付ける
  • 水曜日に定時退社できる環境を作る

以上の3点を心がけるだけで、土日の疲労は軽減されて、より充実したプライベートを過ごすことができます。

重要なポイントは、折り返し地点である水曜日の疲労をいかに減らせるかどうかです。

土日にゴロゴロして休日があっという間に過ぎ去ってしまうという方は、ぜひ今回ご紹介した方法で、1週間を楽に乗り切ってみてください。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました