上司と合わない時に必要な3つの対処法「我慢、相談、退職」で解決

仕事の悩み

「ウザい上司=ただの老害」でお馴染みの群馬俊貴です!

今回のテーマは「上司と合わない時に必要な対処法」だヨ

会社員として苦しい感情を抑え込みながら働いている皆さん、合わない上司に悩まされている時に上手く対応できていますか?

他部署であれば気にもとめないと思いますが、直属の上司ともなると話は別です。

上司について悩んでいませんか?「感情の起伏が激しくパワハラをしてくる。自分の価値観を押し付けてくる。責任を取らずにマネジメント能力が低い。」

真面目に働いているにも関わらず、理不尽なパワハラ相談しても話を誤魔化して責任をとりたがらない上司と関わってしまうと、会社そのものが嫌いになってしまいます。

体験談

私がシンガーソングライターを諦めて就職した会社では、職場の人間関係が最悪で、自分と合わない上司が沢山いました。話が通じない上司には何を言っても無駄だと思い、就職してから半年ほどで「退職代行サービス」を利用して辞めることで対処しました。

基本的に、合わない上司というのはどの部下とも上手くやっていない可能性が高く、コミュニケーション能力が著しく低下していて、何を相談してもまともに取り合って貰えずに誤魔化します。

今回は、話が通じない「話しても無駄な上司」の対処方法として

  • 何もせずに我慢
  • 他の上司に相談
  • 退職して転職

以上の3点について説明していきます。

詳しくはスクロール!

スポンサーリンク

上司と合わない時の対処法「我慢、相談、退職」

わがまま上司と話が合わない場合は何を言っても無駄な場合が多いため、「我慢、相談、退職」で解決する以外の選択肢はありません。

理由は、合わない上司とは価値観や人間性が合わない場合が多く、「今よりも親しくなれば改善される」と試みても、結局は些細なことで怒り感情の起伏が激しい幼稚な考えをしている上司自身問題があるからです。

よって、上司と合わないことで悩んでいる場合は、自分が変わっても上司が変わらなければ何も解決刷ることはなく、「何もせずに我慢し続ける、他部署の上司に相談する、退職や転職を考える」のいずれかで対処することができます。

性格により

  • 忍耐力がある…何もせずに我慢し続ける
  • 社交性がある…他部署の上司に相談する
  • 行動力がある…退職や転職をする

と分類することが出来ますが、「何もせずに我慢し続ける」のは、ストレスが蓄積されて視野が狭くなってしまい正常な判断ができなくなるため、非常に危険な選択肢となります。

何もせずに我慢し続ける

わがままで幼稚な上司と上手くやっていくには、ある程度のスルースキルが必要となります。

「言ってる意味わかる?」や「前にも同じこと言ったよね?」など、自分のストレスを部下に八つ当たりしてくる上司を変化させるのは、鼻からスイカを食べるより不可能なことです。

忍耐力が多少ある方は、上司に何を言われても「こういう人間もいるんだ」と、まるで動物を見物するかのような心強さが必要になります。

わがままで幼稚な上司は動物だと思い込むことで、多少はストレスを紛らわすことで軽減することが出来ます。

我慢するコツとしては、動物が騒いでるだけだと思い込む精神的に幼い上司だと割り切るなど、上司を徹底的に見下してみてください。例え普段の態度にあらわれてしまったとしても恐れる必要はなく、「表情にでてしまったら儲けもん」くらいの感覚でいることが大切です。

何を言われても相手にしない!

他部署の上司に相談する

上司と部下の古き悪き日本の上下関係を改善するのは、部下である自分がいくら改善を試みたところで全く意味が無く、直属の上司より上か同じ立場の上司に相談する必要があります。

現状で悩んでいることを全て伝えた上で改善策を求めてみて、何かアドバイスが得られたら実行してみたり、はたまた相談した他部署の上司が直属の上司に改善を求めてくれるかもしれません。

しかし、中には他部署の上司に相談したことにより、さらに関係が悪化してしまう可能性も無きにしも非ずで、一時的に現状よりも酷くなることは避けられません。

「上司の考えを変える」という点においては、基本的に部下である自分自身では、我慢するか相談するかの2択になってしまうのも事実です。

退職や転職を考える

最後に、自分自身で改善する方法として、退職して転職することで、強制的に現状の問題を解決することが出来ます。

ブラック企業に勤めている場合、気が付かないうちに視野が狭くなり正常な判断ができない可能性があります!

視野が狭まってしまっている状態はもはや洗脳に近く、何とか「上司と関係を良くする」という謎の奇怪な行動に走りがちで、根本的な解決を目指すことは出来ません。

空を飛ばない事を貫いているニワトリに大空へ羽ばたくように説得しても無駄ですし、言葉が通じない宇宙人に説得しても無駄なのと同じ様に、話が通じない上司に変化を求めても変わることはありません。

人間は変化を嫌う習性があるため、退職や転職する行動を起こせないのは、本能など遺伝子レベルで刻み込まれているので仕方がないですが、毎日の様に上司のことで苦しむなら強制的に抜け出すしか解決する方法はありません。

退職代行サービスで気軽に退職

「上司が怖くて言い出せない。過去に退職の時期を伸ばされる光景を目の当たりにしている。」という方は、自分自身で上司に退職の旨を伝えることを躊躇してしまうかもしれません。

しかし、現代のインターネット社会において退職することは非常に簡単で、「退職代行サービス」を利用するだけで簡単に退職することが出来ます。

退職代行サービスについては【おすすめ】私も当日退職できました!「退職代行サービス」の一覧の記事で説明しているので是非ご覧ください!

本当は辞めたいのに、上司のパワハラが原因で辞めれない状態は異常であり、自分自身のアイデンティティが失われています。

体験談

私自身も、シンガーソングライターを諦めて初めて就職した際に、職場の上下関係に悩まされていましたが、退職代行サービスを利用したことにより、布団にくるまりながら当日に退職することが出来ました。

「退職代行サービスで退職するなんて社会人としてどうなの?」という方もいらっしゃいますが、ブラック企業に働いて毎日辞めたいと思ってるのに辞められない方が資本主義経済の社会人として異常事態です。

辞めたいと本当に思っているのであれば、思い切って辞めてみると、呪縛から解き放たれた様に清々しく転職活動することが出来ます。

まとめ

わがままで幼稚な上司と相性が悪くて悩んでいる場合は「我慢をし続ける、他部署の上司に相談」で対処することが出来ます。

現状を対処することは出来ますが根本的な解決をする方法は、退職して転職する以外に他はありません。

何故なら、自分自身が変化したところで、わがままで幼稚な上司を変化させるには相当な時間と労力が必要で、特に上司自身が自分を貫いている場合はもはや変化させるのは不可能な状態です。

空を飛ばない事を貫いているニワトリに、大空へ羽ばたくように説得しても無駄ですし、言葉が通じない宇宙人に説得しても無駄なのと同じ様に、話が通じない上司に変化を求めても変わることはありません。

「自分で退職を言い出せない」方は、退職代行サービスを利用して気軽に簡単に退職することがおすすめで、弁護士が在籍しているサービスも多く存在しているので、安心して利用することが出来ます。

ストレスフリーな生活を手に入れて楽しく過ごしましょう!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました