バンド解散の理由「音楽の方向性の違い」は建前?

体験談

どうも!方向性の違いでお馴染みの群馬俊貴です。
今回のテーマは「音楽の方向性の違いによるバンドの解散」です!

バンド活動していると、ふとしたキッカケで解散してしまうこともありますよね。

バンドの解散で一番イメージが強いのは「音楽の方向性の違い」です。

音楽の方向性の違いと言っても、元々は好きな音楽ジャンルが同じ仲間が集まり活動しています。

では何故、音楽の方向性の違いにより解散してしまうのか説明していきます。

スポンサーリンク

「音楽の方向性の違い」は建前

音楽の方向性の違いとはどういった常態か説明すると、ロックンロールがやりたいのにEDMの楽曲を作らなければならないといったような、自分がやりたい音楽ジャンルとそれ以外の音楽ジャンルとのすれ違いです。

しかし、バンドを組むキッカケというのは、元を返せば同じ音楽ジャンルが好きな仲間が集い結成する訳ですので、音楽の方向性の違いではしっくりこないのが事実です。

人間関係が良くないだけ

では、音楽の方向性の違いがしっくりこないのであれば、バンド解散はなぜ起こってしまうのでしょうか。それはずばり、バンドメンバーの人間関係が良くなく環境が悪いからです。

人間関係が悪いとは直接言うことが出来ないため、「方向性の違い」とキレイに言っているだけに過ぎません。

例えば、バンドの中心人物であるリーダーが好む音楽ジャンルを少しでも否定したりなどをキッカケにバンドメンバーの人間関係は崩れていきます。

1つの作品をグループで作る場合、リーダーがまとめ役として機能しなければなりません。これが少しでも乱れると、グループは解散へと傾きます。

バンドを継続的に活動するには、良好な人間関係で人望のあるリーダーが先導してバンドメンバーの能力を効率よく見定めることが重要です。リーダーがわがままだったり、イエスマンだけを好むタイプであった場合、団結力が生まれずに独りよがりな作品となってしまいますのでバンドメンバーは面白くありません。

バンドは人望のあるリーダーが先導してメンバーを楽しませることが重要

掲示板での募集は最終手段

現代ではインターネットが発達しており、バンドメンバー募集掲示板というのがあります。

中には、現実の人間関係でバンドを組む人がいないために、この様なバンドメンバー募集掲示板を使ってバンドを組もうと試みる方が多いですが、私はおすすめしません。

バンドメンバー募集掲示板のデメリット

・人間関係を構築できない

・音信不通になり時間が無駄

・保険の掛け合いで疑心暗鬼になる

ではデメリットをそれぞれ詳しく説明していきます。

人間関係を構築できない

現実世界の友人や知り合いと違って、顔合わせが初対面となるので性格もその人の歴史も分かりません。

そのため、まずは人となりから知ることになってしまうため、信頼できる人間関係を構築するのには長い年月が必要です。

その点、友人や知り合いであれば、始めから性格をある程度は把握できているため、良好な人間関係の上でバンド活動を行うことが出来ます。

良好な人間関係を構築出来なければ、バンドで意見のぶつかり合いの際に線引きも分からず信頼関係が築けません。

音信不通になり時間の無駄

バンドメンバー募集掲示板では基本的に他人とバンドを組むことになります。

そのため、信頼関係は全く無いに等しい状態のため、いざ顔合わせとなっても音信不通になってしまうことも多々ありますし、そうなってしまっては交通費も時間も無駄となってしまいます。

仮に、顔合わせが出来たとしても、その後音信不通になってしまったりしてしまっては、いつまでたってもバンド活動が出来ませんし、バンドメンバーを集めることが目的になってしまっては本末転倒です。

大事なのは、バンド活動をすることを第一に考えることであり、メンバー集めはその手段でしかないと考えることです。

保険の掛け合いで疑心暗鬼になる

保険の掛け合いとはどういった意味かというと、バンドメンバー募集掲示板で複数のバンド募集へ応募して自分が気に入ったバンドに入るというものです。

これに限っては悪いことでは全く無いですし、お気に入りのバンドが見つかるに越したことはありません。

しかし、もしそのような場合、最初のメーセージで伝えるべきですし音合わせまでしたのにも関わらず、他のバンドメンバー募集へメッセージを送り続けるのは非人道的な行為です。

このようなことが多いためか、余計に信頼関係を築くことが出来ず、常に保険をかけられていると疑心暗鬼になってしまいます。

疑心暗鬼の人間関係でバンドを長く活動させるのは到底不可能ですし、必ずどこかで反りが合わなくなります。

掲示板を使用する時には、最初のうちに保険をかけているかどうかしっかり確認することが重要になります。

音楽の方向性の違いを防ごう!

やはり、1つの作品をグループで作るのには、長い年月をかけた信頼関係がなりたってこそだと思います。、初対面の相手と信頼関係を作ることは非常に難しいですし、途中でいきなり音信不通になっては人間不信に陥ってしまうかもしれません。

まずは、自分の周りの友人や知り合いの方を誘って、最終手段としてバンドメンバー募集掲示板を利用するのが望ましいと思います。

バンドが解散する理由の「音楽の方向性の違い」とは、上記でも説明してきた信頼関係が出来上がっていないからこそ成り立ってしまうのだと思います。

信頼関係が構築されていれば、ある程度のことはお互いに我慢出来ますし、時には喧嘩をしたとしても仲直りすることが出来ます。

こういった深い人間関係でバンドを結成するからこそ、楽しくもありますし目標も達成できるのだと思います。

もし、バンドを組みたいけど心当たりが無いという方は、ライブハウスや音楽関係の店へ出向き探すのも1つの手段です。

信頼できるメンバーとバンドを組むからこそ、方向性の違いでの解散を防ぎ、楽しみながら半永久的に活動する事ができます。

皆さんも、素敵なバンドメンバーを探して、素敵な音楽ライフを送りましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました