【社会人】憂鬱な1週間を乗り切る方法を曜日ごとに解説!

1週間 乗り切るワーキング

「平日なんて憂鬱でしかない」でお馴染みの群馬俊貴です!

今回のテーマは「憂鬱な1週間を乗り切る方法を曜日ごとに解説」だヨ

日曜日の夕方になると、次の日からの仕事のことで頭がいっぱいになり、「仕事に行きたくない」気持ちが強くなります。

職場環境や上下関係が主な原因ですが、1週間の中で曜日ごとの役割をキチンと理解しているだけで、疲労を最小限に抑えることができます。

1週間が憂鬱で悩んでいませんか?

  • 月曜日の朝が憂鬱で逃げ出したくなる
  • タスクが多すぎて残業時間が多い
  • 土日は疲労で外出したくない

それぞれの曜日に役割を持たせてタスクをこなせば疲労を最小限に抑えられます!

疲労を最小限に抑えることができれば、平日の疲労を土日に持ち込むこと無く、プライベートをより楽しく過ごすことができます。

プライベートが充実により幸福度が向上することで、月曜の憂鬱を減らすことができます。

平日の疲労を土日に持ち込んで、プライベートを充実させないと負の連鎖から抜け出せなくなり、場合によっては精神的な病気も発祥してしまう恐れもあります。

この記事でわかること
  • 月曜日…無理して頑張る
  • 火曜日…水曜日までのタスクを終わらせる
  • 水曜日…タスクを見直して定時退社
  • 木曜日…金曜日までのタスクを終わらせる
  • 金曜日…タスクを見直して定時退社

詳しくはスクロール!

スポンサーリンク

1週間を乗り切る方法を曜日ごとに解説

1週間をできるだけ楽に乗り切るためには、曜日ごとに役割を持たせて行動していくことが重要です。

基本的には、水曜日と金曜日をタスクの締め切り期限に設定して、締切期限の日には確認するだけの業務を行うことで疲労を抑えることができます。

月曜日:無理してでも頑張る

月曜日は、1週間の始まりのため憂鬱でやる気がでない方が多いですが、月曜日こそ多少は無理をしてでも頑張る必要があります。

週の始まりでダラダラ仕事してしまうと、疲労の基準が低い位置に設定されてしまい、疲労を蓄積したまま金曜日を迎えてしまいます。

1週間の始まりこそ本気でがむしゃらに働いて、火曜日以降には「昨日よりも疲れてない」を目指して疲労を抑えていくことが重要です。

社会人が1週間を楽に乗り切る方法は「月曜日だけ頑張る」

火曜日:水曜日までのタスクを終了

火曜日は、優先順位の高いタスクの締切期限を水曜日に設定して、その日のうちにタスクを終わらせる必要があります。

上司から頼まれた仕事、ルーティーンの仕事、自発的な仕事、それぞれのタスクをよく分析して優先順位をつけることが重要です。

優先順位が高い早めに終わらせなければないないタスクを水曜日に設定して、残業しても構いませんので可能な限り火曜日に終わらせることが大切です。

「火曜日はやる気が出ない」優先順位の高いタスクを片付ける曜日

水曜日:タスクを確認して定時退社

1週間のちょうど真ん中である水曜日は、火曜日にある程度は終わらせた優先順位の高いタスクの確認をして定時退社を目指します。

火曜日は、時間に追われながら必死にタスクを終わらせているため、思わぬところにミスがあるかもしれませんので、締切期限である水曜日にはしっかりと確認することが大切です。

火曜日に終わらせたタスクの確認を済ませたら、素早く定時退社してプライベートを充実させることが、疲労を抑えるポイントです。

「水曜日は仕事に行きたくない」定時退社と締切期限で解決できる

木曜日:金曜日までのタスクを終了

木曜日は、優先順位の低いタスクや、来週中に終わらせなければいけないタスクに取り掛かります。

優先順位の低いタスクは、比較的に終わらせるのも容易なため、複数のタスクも同時に終わらせることが大切です。

金曜日は何もせずに定時退社するイメージで、できるだけ疲労を土日に持ち込まないことで、土日のプライベートをより充実させます。

金曜日:タスクを確認して定時退社

金曜日は、木曜日に終わらせた優先順位の低いタスクの確認はしますが、ほとんど何もせずに定時退社だけを目指すことが重要です。

金曜日にできる限り疲労を溜めずに土日を迎えることで、プラベートが充実するだけでなく、次週の月曜の憂鬱も軽減することに繋がります。

もしも突発的に重要なタスクを頼まれてしまった場合には、真剣に取り組まずに頭の中では楽しいことを考えながら、疲労を抑えるのがポイントです。

「金曜日の夜なのに1人」社会人が自宅で楽しめる過ごし方5選

まとめ

1週間の中でも月曜日が憂鬱に感じてしまう原因は、土日のプライベードが充実していないからです。

そのため、土日を充実させるためにも、タスクに優先順位を付けて、それぞれの曜日に役割を持たせて行動することが重要です。

  • 月曜日…1週間の中でも本気で頑張る曜日
  • 火曜日…優先順位の高いタスクを終わらせる
  • 水曜日…終わらせたタスクの確認と定時退社
  • 木曜日…優先順位の低いタスクを終わらせる
  • 金曜日…ほぼ何もせずに定時退社を目指す

雇用されている企業によって、タスクの量や職場環境が違うため一概には言えませんが、一般的な多くの企業では効果を実感することができます。

上記の役割が自分には合わないなと感じた場合には、自己流で曜日に役割をもたせたり、自分ができるだけプライベートに疲労を持ち込まない工夫を作ることが重要です。

疲労を持ち込まない働き方をルーティーン化することができれば、楽をしながら稼いてプライベートを充実させることができます。

曜日に役割を持たせて、楽しく働きながらプライベートを楽しみましょう。

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました