【体験談】「退職代行サービス」は甘えではなく新たな挑戦の始まりだ

仕事の悩み

「退職代行サービスの申し子」でお馴染みの群馬俊貴です!

今回は「退職代行サービスで人生が数倍楽しくなる」だヨ

会社員として企業に勤めている皆さんは、朝ふと目を覚ました際に「今この瞬間に辞めたい」と思ってしまった経験はありませんか?

職場環境で悩んでいませんか?「毎朝、仕事を辞めたいと感じてしまう。真っ暗なトンネルの中にいるような感覚が続いている。精神的につらく涙が自然と出てくる。」

職場環境が悪い場合、常に退職のことばかり考えてしまい、一度考えてしまったら頭の中は「辞めたい」の一言で埋め尽くされてしまいますよね。

しかし、精神的に参っている状態では正常な判断が出来なくなっている場合があり、「辞める」という選択肢ですら考えられず、自然と涙がでてきてしまうのは危険信号でもあります。

私のプチ紹介

私は、シンガーソングライターを諦めて就職の道を選んで初めて就職した職場で、人間関係や業務の理不尽さに納得が出来ずに「退職代行サービス」を利用して退職しました。

実際に、退職代行サービスを利用した視点から、退職代行サービスを利用するのを迷っている方や、職場環境に悩んでいる方に向けて説明していきます。

この記事で分かること

・退職代行サービスは甘えではない

・少数派は非難されて当然の考え方

・いつでも辞められる安心感が自信に繋がる

もっと詳しく知りたい方は下へGO!

スポンサーリンク

「退職代行サービス」は新たな挑戦の始まり

皆さんは「退職代行サービス」と聞いてどんなイメージを持たれますか?

おそらく、多くの方がイメージするのは、「甘え、怪しい、ありえない」といったような、どちらかというと悪いイメージが強いと思います。

私も利用する前は悪いイメージがありました...。

しかし、退職代行サービスは自分を変えるツールであり、新たな夢や目標に挑戦するキッカケになるツールだとも考えております。

苦しい時こそ便利なツールに頼ることで、逃げ道を作ることは非常に重要なことで、職場の環境で悩んでいる方の逃げ道として大切な選択肢となります。

「退職代行サービスなんて甘えだ!」などと良くインターネットなどで目にする機会もあるかと思いますが、私から言わせてもらうと「甘えて何が悪いの?」と感じます。

今回は、退職代行サービスを利用して職場から逃げたいけど、悪いイメージがあり利用するのが怖い方に向けて、退職代行サービスの安全性と利便性や、実際に使った時に感じたことを説明していきます!

退職代行は甘えではない

まず初めに強く声を大にして言いたいのは「退職代行は甘えではない」ということです。

理由は、会社を辞めたい場合の本来の目的は「会社を辞める事」なので、退職の旨を自分で伝えるか他人が伝えるかはどちらでも良く、本質である会社を辞めることさえ出来てしまえば過程は関係ありません。

退職代行を甘えだと言ってしまう方は、物事の本質を見抜く力が圧倒的に低い恐れがありますので、関わらないのが一番ですが出来るだけ無視するように心がけましょう。

他人から甘えだと非難されたことにより、自己嫌悪に陥ってしまう方々も多くいらっしゃると思いますが、そもそも何で退職代行を利用するか考えれば一発で解決することが出来ます。

退職代行で辞めた多くの方は、本来であれば退職の旨を伝えるくらい自分で出来たはずですが、職場環境や上下関係などの人間関係、または既に精神的に参っている状態が考えられます。

体験談

私が退職代行サービスを利用した理由も、上司から理不尽な仕事を要求されたり、職場の人間関係が悪かったからでした。

少数派は非難される対象

いつの時代でも、どんな環境においても、少数派というのは非難される対象であり、この世界は多数決で多いことこそがルールになります。

そのため、正しいことで少数派であれば間違っていますし、間違ったことでも多数派であれば正しくなってしまいます。

退職代行サービスは最近では耳にする機会も多くなってきた印象ですが、まだまだ新しいサービスのため怪しいと感じる方が多いのも事実です。

退職代行を利用した際には会社内ではちょっとした騒ぎになり、「代理人から電話が来た」という事実だけが独り歩きして、「甘え、おかしい、逃げた」などと適当な愚痴を言っているに違いないです。

この様に「なぜ辞めたのか?」といった本質を見抜くことが出来ないという状況です。

少数派はどんな状況であれ非難されることは間違いないため、もし退職代行を利用する際には、必ず愚痴や嫌味は影で言われることだけは避けられないと思います。

二度と合わないので堂々と利用しましょう!

会社に同情する必要は無い

退職代行を利用しようと考えている方の中には、心優しく「会社に迷惑をかけたくない」といった同情もあるかと思います。

しかし、厳しくなってしまいますが会社に同情する必要は一切ありません。

理由は、退職代行を利用しなければ辞められない状況まで追い詰めたのは、他でも無い会社側のため、理不尽な会社には理不尽な方法でしか対抗できないからです。

会社はいざという時に守ってくれませんので、自分の身は自分で守ることが大切です。

理不尽な会社に同情はいらない!

安心感が自信に繋がる

退職代行サービスは、利用しなくても働く人の心の支えになります。

「いざという時には退職代行サービスを利用して逃げればいい」といって様に、緊急時の保険的な役割として安心感に繋がります。

安心感を得ることが出来れば、職場でもある程度は堂々と振る舞うことが出来る自信に繋がります。

失う物が何もない状態に近い無敵モード同等の効果を得ることができるため、自信が無い方は退職代行サービスを詳しく知ることで、安心感自信を手に入れることが出来ます。

退職代行はスーパースターと一緒です!

おすすめ「退職代行サービス」を紹介します

それでは、おすすめの退職代行サービスを厳選して紹介していきます。

おすすめ「退職代行サービス」

・【退職代行ガーディアン東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合で、低費用のため簡単に気軽に利用することが出来ます。

・【退職110番|弁護士法人が運営する退職代行サービス専門の弁護士法人が運営する退職代行サービスで、未払い金や慰謝料の請求など、あらゆる交渉を代理で対応出来ます。

・【弁護士法人みやびの退職代行サービスこちらも弁護士法人が運営しており、有給消化や未払い残業代などの回収をしてくれます。

少ない予算で退職したい方は「退職代行ガーディアン」で、未払い残業代などの請求もしたい方は「退職110番」がおすすめです!

体験談

私が初めて就職した職場では、職場環境や人間関係が悪く毎日が苦痛で仕方がありませんでした。そんな中、インターネットで見つけた「退職代行」の文字に目を惹かれ、興味本位で使ってみたら本当に当日で退職することが出来て驚きました。

正直に言いますと、朝目を覚ました時にどうしても行きたくない感情が襲いかかり、限界を迎えていた私は無意識に布団にくるまりながら依頼していました。

私は、ブログを通して職場環境や人間関係に悩む方々に「退職代行サービス」を広めて、自分と同じ様に悩んでいる方の少しでもお役に立てたら幸せだと思っています。

退職代行サービスを利用することは、逃げでも甘えでも無く、新たな夢や目標への挑戦だと考えています。

皆さんも、今働いている職場の環境や人間関係で悩んでいるのであれば、「退職代行サービス」を利用して新たな夢や目標に挑戦していきましょう!

最後までご覧いただき感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました