「クチャラー」の原因は口呼吸?対処方法は口頭注意と避けるべき訳

仕事の悩み

「クチャラーでイライラ」でお馴染みの群馬俊貴です!

クチャラーとは、食事をする際に「クチャクチャ」と音を立てることから名付けられた、皮肉交じりの呼び名です。

クチャラーで悩んでませんか?「家族や友人がクチャラーで悩んでいる」「自分自身がクチャラーで原因が知りたい」

皆様も、1度は遭遇したことがあるかと思いますが、部屋が静かであればあるほど音が強調されて、イライラしてしまいますよね。

もしくは、自分自身がクチャラーであると自覚していて、治そうと思っても気がつけば無意識にクチャってしまっている方もいらっしゃると思います。

この記事の内容

・クチャラーが発生してしまう原因

・クチャラーと遭遇した時の対処方法

・家族や恋人、親友がクチャラーだった場合の行動

それでは詳しく説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

「クチャラー」の原因と対処方法

クチャラーの近くで食事をすると、どうしても本能的にイライラしてしまうかもせいれませんが、まずは何故「クチャクチャ」と音を立ててしまうのかを知ることが大切です。

原因を良く理解した上でクチャラーを把握することが大切

原因を理解することで、あからさまにイライラすることも減りますし、大切な家族や恋人がクチャラーだった場合にも対処することが出来ます。

そのためにも、今回はクチャラーが起きる原因と対処方法を具体的に説明していきます。

「クチャラー」の原因は呼吸法と歯並び

クチャラーになってしまう原因は、呼吸方法や歯並びといったような、口に関連する原因が多い印象です。

クチャラーの原因

主な原因(マナーが悪い、口呼吸、歯並びが悪い、噛む力が弱い、食べ方)の4つになります。

歯並びが悪い以外の原因については、気をつければ治せるものなので、自分や自分の周りにクチャラーがいる場合でも改善することは可能です。

食事のマナーが悪い

ただ単純に食事マナーが悪く、音を立てて食べるのが美味しく感じるとさえ思うタイプとなります。食事中に音を立てて食べることに対してマナーが悪いという自覚がないため、食事マナーを意識するだけで一瞬で治す事ができます。

鼻呼吸でなく口呼吸

本来の呼吸法は鼻呼吸が正しい(くさい時を除いて)ですが、鼻詰まりなどで鼻呼吸出来ないことから、食事中も口呼吸になってしまう方もいらっしゃいます。食事中に口呼吸してしまうと、当然のように口を開けながら食べることで音を立ててしまいます。

歯並びが悪い

歯並びが悪く上下の歯のかみ合わせが悪いと、食べ物を咀嚼する際に歯の噛み合わせがずれることにより、音がなってしまう可能性があります。

顎の噛む力が弱い

顎の噛む力が弱いことにより、咀嚼回数も増えることになりますので、噛む回数が増えてしまうので、口呼吸が加わると余計に音が増長されてしまいます。

食べ方の問題

食べ物を食べる際に、一口が大きく沢山食べ物を詰め込む方がいらっしゃいます。食べ物を口の中へ沢山詰めてしまうと、咀嚼回数も増えますし口も上手く閉じることが出来ないため、音がなってしまう原因となってしまいます。

「クチャラー」の対処方法

それでは、もしも大事な家族や恋人、親友と食事をした際にクチャラーであることが発覚していて、改善してほしい場合の対処方法を説明していきたいと思います。

また、不特定多数が食事をする場において、クチャラーと遭遇してしまった時の対処方法も一緒に説明していきます。

クチャラーの対処方法

主な対処方法(直接注意する、オブラートに包む、ひたすら避ける)

本人に直接注意するか、ただひたすら逃げるという分かりやすいシンプルな対処方法となります。

直接注意して問題に向き合う

大事な家族や恋人、親友など、比較的に深い人間関係を築いている方がクチャラーであった場合、問題と真剣に向き合うためにも、本人へ直接伝えて問題を改善することが本人のためにもなります。

重要なのは、冗談っぽく馬鹿にするのではなく、心配かつ真剣に伝えることです。

オブラートに包み本人に伝える

あまり深い関係でない友人や知り合いの場合、オブラートに包み込んで間接的に伝えることが有効です。咳払いをしてみたり、「何か音が聞こえる」などなるべく傷つけないように気をつけましょう。

「クチャラーだったの?」と伝えられれば楽ですが、デメリットは遠回しな言い方なので本人に伝わらない確率が高いことです。

クチャラーを避け続ける

あまり関わりのない親戚や、ただその場所に居合わせた人がクチャラーだった場合、イライラするのではなく即刻その場から立ち去ることが大切です。

イライラしてしまい損するのは自分自身であり、相手にするだけ時間がもったいないため、とにかく避けることでストレスをためないように心がけましょう。

まとめ

「クチャラー」は、食事の場で居合わせてしまうと、どうしてもイライラしてしまいます。

まずはクチャラーの原因をよく理解した上で、対処することが大切で、相手によって対処方法を分けて対応することで自分のストレスを軽減出来ます。

大切な方がクチャラーであった場合は、問題を真剣に向き合い、馬鹿にすること無く改善していくことが重要です。

そこまで深い関係ではない友人の場合は、オブラートに包んで間接的に伝えたり、他人に近い相手の場合はとにかく避け続けましょう。

クチャラーは、悪意を持って行っている方はあまりいらっしゃらないと思いますので、出来るだけ寛大な心を持って対応することが大切です。

クチャラーは不快感を持ちますが、原因を理解してなるべくイライラしないように避けて生活しましょう!

最後までご覧頂き感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました