クレジットカードの支払いを「現金移動」で使いすぎ防止する方法

ワーキング

残高不足でお馴染みの群馬俊貴です!

クレジットカードは後払いの決済方法のため、使いすぎてしまうと支出が把握出来なくなってしまいます。

クレジットカードの支払いで次の様な悩みはありませんか?「クレジットカードを使いすぎてしまった...。」「残高不足で支払いが遅れて滞納してしまった」

クレジットカードを使いすぎること無く、支払い日に現金が足りないのを防ぐための方法を説明していきたいと思います。

記事の内容

・クレジットカードの使いすぎ防止する方法

・家計簿で支出を把握する上で便利なツール

・クレジットカードはポイントを目的にしない

私はこの記事で説明することを常日頃から実践した結果、支出を大幅に抑えることに成功し、クレジットカードを使いすぎること無く、お金の管理が多少なりとも上手くなった気がします。

上手くなった気がするだけかもしれません(笑)が、そこはご了承くださいませ。

スポンサーリンク

クレジットカードの使いすぎ防止方法

クレジットカードの支払日に残高不足になってしまう原因は、クレジットカードを使いすぎているからです。

クレジットカードは後払いの決済方法となるため、「お金を使った」という実感が持ちにくです。

そのため、どれくらいお金を使った把握することと、実際に現金を動かす仕組みを作る必要性があります。

クレジットカード使用後は「現金移動」

クレジットカードは現金が目で見えない分、使用後は直ぐに現金を移動することが大切です。

クレジットカードは使いやすい反面、支払いを後回しにしているだけに過ぎません。

一定の収入がある場合は後払いでもいいかもしれませんが、もしも将来的に収入が途絶えてしまったとしたら、今持っていないお金を使用した分の請求が後から押し寄せてくるということです。

そのため、クレジットカード使用後は実際に手持ちの現金を直ぐに移動させる仕組みづくりが必要となります。

ファイルで管理して支出を目視

現金を移動するといっても、クレジットカードを使う度に引き落とし口座へ振り込んでいれば振り込み手数料が勿体ないですよね。

そんな時に便利なのが、ファイルに現金を移動させてクレジットカード支払い専用のファイルを作り、支払日が間近に引き落とし口座へまとめて入金する方法です。

実際に私もこの方法でクレジットカードの支払額を管理しており、実際に使った分の現金を目視することで、「こんなに使ったのか...今月は控えよう。」と抑止することも出来るんです。

私はこのようなファイルで管理していて、支出の種類別で管理することや支払い月別に管理もできて 大変便利です!

また、クレジットカードの支払額だけではなく、日常で使ったレシートを入れておけば、支出を一括管理できて、支出専用のファイルとしてルーティン化することが出来ます。

常に支出額を確認出来る環境作りは、クレジットカード使いすぎの予防になりますので実践してみてください。

家計簿アプリを活用した支出の把握

支出額を確認できるファイルによる環境作りも大事ですが、現代はインターネットが発達した時代です。

そのため、便利な家計簿アプリも充実しており、その中でもネットバンクやクレジットカード支払額などを連携させる「マネーフォアードアプリ」も大変便利でおすすめです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

こちらも私は使用しており、銀行口座、ネットバンク、クレジットカード、ポイントなど自分の資産を全て連携することが出来る上に、収入や支出も一括管理してくれてアプリを開けば直ぐに確認できるため重宝しています。

ポイント欲しさに乱用しない

クレジットカードを使うメリットの1つとしてポイントで還元されるのが特徴です。

確かに、支払った額に対してポイントで還元されるのはメリットですが、使い方を間違えるとデメリットにもなります。

デメリットになってしまう使い方とは、ポイントで還元されるからといって使いすぎてしまい、おまけであるはずのポイントが「ポイントを貯める」という目的になってしまいます。

この様に、ポイントが貯まるからと言って使いすぎるのではなく、自分にとって有益になるものや生活に必要な最低限の固定費を支払い、おまけとしてポイントで還元されるように心掛けましょう。

クレジットカードは計画的に使おう!

クレジットカードは現金が目に見えない分、お金を使ったという実感が湧きにくいため、気をつけていてもつい使いすぎてしまいますよね。

しかし、クレジットカード決済は後払いのため仮払いで支払っているのに過ぎません。

そのため、借金をしているのと同じ状態のため、使いすぎると手持ちの現金がなくなってしまい残高不足となり支払いを滞納してしまう原因にもなってしまいます。

クレジットカード使用後は、直ぐに現金を引き落とし専用のファイルや封筒へ入れて管理して、引き落とし日が近くなったら一括入金する方法がおすすめです。

実際に現金を移動していれば、どれだけクレジットカードを使ったか一目で把握することが出来て、お金の使いすぎを抑制する効果も得ることが出来ます。

クレジットカードは便利なものだからこそ、上手く使わなければ自分を苦しめる結果となり、最悪の場合は取り返しがつかなくなってしまいます。

そうならないためにも、クレジットカードでの支払額は常に把握しながら、現金を引き落とし用に移動させて、残高不足により滞納しないようにしましょう。

クレジットカードを計画的に使用して、支出を把握しながら楽しい生活をおくりましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました