【サザエさん症候群】月曜日の憂鬱を防ぐ日曜日の過ごし方!

ワーキング

どうも!サザエさん症候群でお馴染みの群馬俊貴です。
今回は「サザエさん症候群を防ぐ日曜日の過ごし方」です!

日曜日の夜になると、月曜日の学校や仕事の事を考えてしまって憂鬱になってしまう方も多いと思います。

この様な現象をサザエさん症候群と言います。

月曜日の学校や仕事に対しての憂鬱を防ぐには休日の過ごし方にあり、今回ご紹介する方法を意識的に行うことで多少なりとも月曜の憂鬱を軽減出来ると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

『サザエさん症候群』を防ぐ日曜日の過ごし方

サザエさん症候群とは、簡単に説明すると「日曜日の夜に月曜日の事を考えて憂鬱になってしまう状態」です。

サザエさん症候群とは、日曜日の夕方から深夜、「翌日(月曜日)からまた通学や仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になること。日本における俗称である(後述するように、テレビアニメ『サザエさん』は日本国内の多くの地域で日曜日夕方に放映される)。

「”サザエさん症候群”」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。

つまり、超有名テレビアニメ「サザエさん」が始まる時間になると「もう日曜日も終わるのか」と気分が沈んでしまうという訳なんです。

特に学生の場合、宿題があったことを思い出したり、「次の日の朝にやればいいか」など余計に自分を苦しめる行為に発展しがちで、より月曜日がハードモードになってしまいます。

そこで、月曜日を憂鬱に思わないために、日曜日をどうやって過ごすべきか考える必要があります。

おすすめの日曜日の過ごし方
  • ①昼寝など無駄な時間を過ごさない
  • ②人生のメインは休日だと考える
  • ③週末に楽しい予定を立てる
  • ④夜ふかしをせず早めに就寝
  • ⑤明日の事は明日の自分に任せる

それでは、日曜日の過ごし方について説明していきたいと思います。

①昼寝など無駄な時間を過ごさない

休日というと、普段の疲労からつい昼寝やダラダラと過ごしてしまうと思います。

しかし、休日だからこそ活発的に活動して無駄な時間を過ごさないことが大切です。

おやつを食べながらテレビを見てゴロゴロするなど、休日のお父さん像のイメージは月曜日をより憂鬱にさせる燃料となってしまうため、ダラダラせずに予定をたてて行動することが重要です。

休日こそ予定を立てて活発的に活動して無駄な時間を過ごさないことが大切!

②人生のメインは休日だと考える

主軸の考え方として、人生のメインは「学校や仕事」ではなく「休日」であるプライベートです。

しかし、平日は学校や仕事で過ごす日数も多いことから、学校や仕事が人生のメインであると錯覚を起こしてしまいがちです。

人生おいて大切なのは、プライベートの生活を趣味や好きな作業で充実させることであり、学校や仕事は重要ではありません。

学校や仕事を充実させたいなぁ

「学校や仕事を充実させたい」と考えるのは辞めましょう。

ある程度、良好な人間関係が保つように努力するだけで、その他の人間関係に悩まされる必要はなく、休日においての悩み事の方が重要になります。

人生のメインは「休日」であり学校や仕事は二の次です。

③週末に楽しい予定を立てる

平日の学校や仕事の憂鬱さを払拭するためには、休日のうちに次の休日の予定を立てることが大切です。

出来れば細かな予定をびっしり立てることをおすすめします。

しかし、ここで注意したいことは予定を立てることが目的にならないことです。あくまでも、予定を立てることは手段であり、目的はより充実した休日を過ごすことです。手段が目的にならないように気をつけて予定を立てることが大切です。

週末に楽しみである予定を立てることが出来れば、平日の嫌なことはある程度は我慢出来ます。

過去を思い出して欲しいのですが、旅行に行く前日は物凄くワクワクしますよね。

週末に楽しみな予定を立てることで、この様なワクワク感を演出することで、嫌な平日を乗り越える事が出来ます。

週末に楽しみの予定を設定すればワクワク感で乗り越えられます!

④夜ふかしをせず早めに就寝

インターネットが発達した現代では、気軽にネットサーフィンや動画配信で楽しむことが出来ますが、ついついベッドに持ち込んで夜ふかしをしてしまいます。

しかし、日曜日の夜に夜ふかしをしてしまうことは現実逃避行動であり、夜ふかしすればした分だけ次の日のことを考えてしまいます。

余計なことを考えないためにも、日曜日だけでも良いので早めに就寝することが重要です。おすすめは、金曜日から早めに就寝して土日に早起きをして無駄な時間を過ごさないようにすることも大切です。

嫌な月曜日は必ずやってくるため避けることは出来ませんので、夜ふかししても何も解決されません。

そう考えれば、早めに就寝してスッキリと朝を迎えたほうがマシという考え方をおすすめします。

休日は早寝早起きで充実させて月曜日はスッキリと挑みましょう!

⑤明日の事は明日の自分に任せる

基本的に、明日の事は明日の自分に任せる考え方が大切です。

月曜日が憂鬱なのは大なり小なり誰しも悩んでしまうもので、絶対的に避けることが出来ないため明日の自分に任せて休日を思う存分に楽しみまくりましょう。

そこでおすすめの考え方が「アンドロイド理論」です。

嫌なことを作業的に取り組むことで、余計な事を考えずに無心で取り組むことが出来ます。

無心で取り組むことが出来れば、余計な悩みも無くなり何となく乗り超えることが出来ます。

明日の嫌なことは明日の自分に任せて今を楽しみましょう!

月曜日の憂鬱を乗り越えるおすすめの考え方!

ここまでは月曜日の憂鬱を防ぐ日曜日の過ごし方について説明して来ましたが、次は「月曜日の憂鬱を乗り越えるおすすめの考え方」について説明していきます。

この考え方を身に着けることで、充実した休日を過ごした上に月曜日を乗り越える方法を上乗せ出来るため、より確実に月曜日を乗り越えることが出来ます。

憂鬱なのは月曜日だけ

まず、学校や仕事で憂鬱なのは月曜日のみで、火曜日以降は流れ作業の様に過ぎ去ることが多いです。

そのため、「憂鬱なのは月曜日だけ」と考えることで、火曜日以降のハードルを下げることが出来ます。

例えば、習い事でも何でも大変なのは最初だけで、慣れてしまえばある程度は適当にこなすことが出来ます。この感覚を身に着けることが出来れば、適当に平日を過ごすことが出来るようになりあっという間に週末ということを実感出来ます。

憂鬱なのは月曜日だけのため火曜日以降は適当に過ごせます。

月曜日だけ頑張れば良い

「憂鬱なのは月曜日だけ」ということは、「月曜日だけ頑張る」ことで火曜日以降をより楽に過ごすことが出来ます。

月曜日だけ本気で頑張り、あえて進んで負荷をかけることで火曜日以降の疲労を軽減することが出来ます。

この方法を意識的に行うことで効果を得ることが出来て週末の疲労の違いを実感することが出来ると思います。

とにかく面倒なことは月曜日に詰め込み、火曜日以降に起こる大変なことも楽に乗り越えることが出来ます。

「月曜日だけ頑張る」ことで一週間を楽に乗り越えられます!

日曜日を充実に快適な暮らしを送ろう!

誰しも月曜日は多少なりとも憂鬱であり、ストレスも抱えてしまうかもしれません。

月曜日の憂鬱を払拭するためには、日曜日に予定を立てて充実した休日を過ごす必要があります。

人生のメインは「憂鬱な平日」ではなく「楽しい休日」で、人生のメインではない学校や仕事で悩む必要はないため、どうせ悩むのであればプライベートで悩みましょう。

また、月曜日は必ずやってくるため絶対的に避けることは出来ませんので、早めに就寝して明日の事は明日の自分に任せて、余計な事を考えない様に心掛けましょう。

基本的に憂鬱なのは月曜日だけで、火曜日以降は割と何となく過ごして過ぎ去ってしまうものです。

そのため、月曜日だけ頑張ることで、火曜日以降の疲労を軽減することにより楽に平日を乗り越える事が出来ます。

週末に楽しみな予定を立ててワクワク感を演出して、月曜日だけ頑張ることで火曜日以降をあっという間に過ごすことが重要になります。

人生のメインは休日です。

皆さんも、より充実した休日を過ごして、平日は月曜日のみ頑張って乗り越えていきましょう!

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました